正しいバックハンドの打ち方、強くなる練習メニュー

現代卓球はバックハンドを極めることが上達の近道!

バックハンドは、右利きの場合、基本的に右肩より左側に飛んでくる球に対して対応する打法で、フォアハンド技術と同様に、バックハンドロング、バックハンドドライブ、ショート、プッシュ、カット、など様々な打法があります。

 

シェークハンドの場合は、フォアハンドを表面、バックハンドは裏面で打球するのが一般的です。ペンホルダーの場合は、フォアハンド・バックハンドともに表面で打球するのが一般的です。

 

しかし、一世代前くらいから中国において裏面打法というものが研究されて、ペンホルダーであっても両面を利用して、オリンピックや世界選手権で優勝する選手が現れました。そのシンボル的選手が王皓(中国)選手です。この選手がペンホルダーとしての可能性を広げてくれました。わたし自身もペンホルダーの裏面打法使いなので、非常に尊敬しています。

 

もし、ペンホルダーを使っている選手で裏面打法で悩んでいる方がいらっしゃったら、こちらのサイトも参考にしてください。
「裏面打法のコツを伝授!ペンホルダー上達教室」

 

裏面打法の上達法がわかると思います。

 

バックハンドの利点は、コンパクトなスイングで打球できるため基本的なバックハンド技術であれば、フォアハンドと比較するとすぐに上達する技術だと思います。また、打点を早くすることができるという点も大きなメリットです。

 

中国のトップ選手のバック技術はすさまじく、目がテンになってしまうくらい球が速いです。その中でも、バックハンド技術に優れているのが張継科選手です。最後に彼のプレー動画を観て参考にしていただければと思います。

 

張継科選手のバックドライブ特集

卓球のバックハンドのコツと練習方法記事一覧

卓球のバックハンドロングの打ち方

現代はシェークハンドの選手が非常に多いので、説明もシェークハンドの方に向けて行いたいと思います。最後に少しペンホルダーのバックハンドについてお話します。基本姿勢基本の姿勢は背筋を伸ばして、直立で立つのではなく、やや前傾姿勢を保ち、スタンスは肩幅よりやや広めで構えるのが一般的です。肩は平行の保つのがよ...

≫続きを読む

 

卓球のバックハンドドライブの打ち方

シェークハンドのバックハンドドライブバックハンドドライブの基本姿勢については、バックハンドロングと同じと考えていいのですが、ロングの時よりも右利きでは右肩を前に出して、肘を身体から離して身体の前に懐を大きく作ることが大事です。そうすることでバックスイングをしっかりとれる状態になります。バックスイング...

≫続きを読む

 

卓球のブロック技術

相手に強打された場合に止める技術がブロックです。ブロックの技術を高めなくては、競技力の向上は望めません。卓球を始めるときからトップ選手まで、すべての選手に必要な技術です。なぜなら、競技中に相手に強打されないことはほぼありません。格上の選手と戦った場合はなおさら攻撃されることが多くなります。その時に、...

≫続きを読む

 

卓球のロビング技術

ロビングは、ボールを高く返球して相手の攻撃をしのぐ技術です。現代では世界一ロビングが上手い選手が、我が国日本にいます。水谷隼選手です!水谷選手は、ロビングの回転量や高さを自在に変えることができます。そして、相手が打ちあぐねた球をすかさず反撃するパターンが非常に多いです。よく後ろに下がってプレーするな...

≫続きを読む

 

卓球のチキータ技術

チキータの歴史チキータという技術は、卓球のレベルをグンと上げることになった現代卓球の技術の一つです。もう卓球を始めている人なら、知らない人はいないのではないでしょうか。右利きなら右に、左利きなら左にカーブするように強烈に曲がる打法です。主に相手のサービスに対して、チキータレシーブをするのが一般的です...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
卓球最新ニュース お悩みQ&A 卓球上達教材 基本技術の打ち方 お問い合わせ