卓球のカット基本打法

トップで戦う現代のカットマンスタイル

カットは台から距離をとったところから、下回転をかけて相手コートにボールを入れる技術であり、対戦相手にとっては攻撃しづらいボールです。

 

現代の男子卓球では、カットでしのいで、相手のミスを待つプレースタイルでは勝ちにくくなっています。相手のドライブに対して、カーブロング、ドライブ、パワードライブで対応する時代になっていて男子の朱世赫選手(韓国)や村松雄斗選手(日本)が活躍しているように、カットマンに攻撃力の強化が求められています。

 

朱世赫選手(韓国)のプレー

 

村松雄斗選手(日本)のプレー

 

女子選手では武揚選手(中国)がカットマンの中ではズバ抜けて強い選手ではないでしょうか。女子選手は男子選手と比べて、比較的守備的なカットマンが多いと思います。

 

武揚選手(中国)のプレー

卓球のカット技術記事一覧

卓球のカットの基本的な打ち方

ストロークの基本は、フォアカットは肩を支点に、バックカットは肘を支点にラケットを立てた状態で頭の高さまで持ち上げて、ラケットを振り下ろすようにスイングします。@フォアカット手首を極端に内側や外側に曲げたりしないで、上から下にスパッと切り下ろすようなイメージでスイングします。基本姿勢は、左足を少し前に...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
卓球最新ニュース 卓球上達教材 基本技術の打ち方 お問い合わせ