さまざまなフォアハンドドライブの種類

4種類のフォアハンドドライブの打ち方

フォアハンドドライブにはいろんな打ち方があります。もちろん人によって回転量も違うし、スピードも違う、打つタイミングも違ってきます。それにいかに臨機応変に対応できるかが勝利の分かれ目になると思います。

 

しかし、自分自身でいろんな回転のドライブを打てれば、どのように返球すればよいのかが理解できるようになっていきます。心の余裕も持てて、リラックスした状態で試合に臨むことができるでしょう。

 

ここでは、基本的な4種類のフォアハンドドライブ、

 

@スピードドライブ
Aループドライブ
Bカウンタードライブ
Cカーブドライブ・シュートドライブ

 

以上の4種類のフォアハンドドライブを動画を交えてご紹介したいと思います。

 

打球点

 

4種類のフォアハンドドライブの打球点の違いから説明します。打球点の早い遅いによって打てるフォアハンドドライブが変わってきます。

 

スピードドライブ

 

スピードドライブは4種類のフォアハンドドライブの中では、最も基本的な技術です。このスピードドライブを決定打にして、試合を組み立てる選手が一般的です。

 

回転よりもスピードを最優先して、得点するときにはノータッチで抜けることもあります。打球点は図のC点で打つことが望ましいです。B点でも打てるようになるとより理想的です。

 

動画は馬龍選手(中国)のスピードドライブ特集です。

ループドライブ

 

強烈な上回転のかかった安定性を重視した山なりのドライブです。初級者同士であれば相手は回転量のある球をを抑えきれずにオーバーミスをしてしまい、このドライブひとつで試合に勝ててしまうでしょう。

 

四種類のドライブの中では、最もミスが出にくく、なおかつ回転量も強烈なのでコースや回転量の精度を上げていけば非常に有効な技術です。

 

ただこの技術だけでは相手に慣れられてしまい、逆に相手にカウンタードライブをされてしまう可能性もあるので、スピードドライブも同時に覚えて使い分けるとよいでしょう。

 

打球点は、少しタイミングを遅らせて、図のE点で打つと、しっかり回転がかかります。スイングは真上に垂直方向に擦りあげるようにして打球します。おもに、下回転を打つ時に使用します。

 

トップ選手の中で、このループドライブを最も使用し、自分の武器にしている選手はドイツのティモ・ボル選手です。ボル選手は3球目に攻撃するときに、打点を落としてこのループドライブでチャンスメイクをします。

 

ティモボル選手(ドイツ)のループドライブ 1:02〜

 

カウンタードライブ

 

相手が打ったフォアハンドドライブの威力を利用して、自分のコートにバウンドした直後に打球します。ボールの真上をこする感覚は初級者のうちから覚えてしまいましょう。

 

ただ、カウンタードライブはフォアハンドドライブの種類の中でも、とても難しい技術の一つです。球を威力を制御して相手のコートに入れなくてはいけないので、当然ですが、手だけではなく、全身を使って球を安定させる必要があります。

 

動画はカウンタードライブ特集です。カウンタードライブが打てれば、次の球が返ってくることがあまりないのでマスターすると非常に有効な得点源になります。

 

前陣カウンタードライブ特集

 

カーブドライブ・シュートドライブ

 

球の側面をとらえて打つと、相手コートにバウンドしてからグッと急激に曲がります。よって、相手を大きく動かすことができたり、そのまま相手が球に触ることができずに得点になったりします。

 

右利きの場合、球の右側面を擦りあげると左側に曲がります。これがカーブドライブです。逆に、球の左側面をとらえると、右側に曲がります。これがシュートドライブ。使い分けるととても有効な得点源になります。

 

打球点は、上回転であればB点やC点、下回転であればD点もしくはE点で打つとよく曲がると思います。

 

カーブドライブの指導動画

関連ページ

卓球のフォアハンドロングの打ち方
卓球において最も基本的なフォアハンドロングの打ち方をご紹介。正しいフォアハンド、基本的なフォアハンドの打球方法。
卓球のフォアハンドドライブの打ち方
フォアハンドドライブの打ち方をご紹介。正しいフォアハンドドライブ、基本的なフォアハンドドライブの打球方法。

ホーム RSS購読 サイトマップ
卓球最新ニュース お悩みQ&A 卓球上達教材 基本技術の打ち方 お問い合わせ