正しいフォアハンドドライブの打ち方、基本的なフォアハンドドライブの打球方法

試合で勝つためにはゼッタイ覚えておきたいフォアハンドドライブの基本

ドライブとは、球を意図的に上回転を与えることによって、ボールが弧を描いて沈み込む原理を利用して、相手コートに打ち込む打法です。

 

現代卓球では、このフォアハンドドライブの技術がスマッシュ技術よりも進化しています。フォアハンドドライブを極める者が試合を制すといっても過言ではありません。

 

昔の卓球では決定打といえばスマッシュ!卓球といえばスマッシュ!であったのですが、今日ではラバーの進化にともなって、フォアハンドドライブでも十分決定打になる技術になっています。

 

ドライブの種類

 

フォアハンドドライブと一口にいっても、さまざまな球質があり、さまざまな打ち方があります。

 

・回転・スピードともに強烈なパワードライブ
・回転よりもスピードを最優先したスピードドライブ
・強烈な回転で山なりの軌道を描くループドライブ
・回転量があるように見せかけるナックルドライブ
・球の軌道が左右に曲がるカーブドライブシュートドライブ

 

などがあります。
また、相手のドライブや強打に対してバウンド直後に早いタイミングでボールをとらえて、相手の力を利用して返球するカウンタードライブも有効な技術です。

 

これらの技術を効果的に使い分けることが試合の勝敗をわけるのです。

 

腕や身体の使い方(右利きの場合)

 

フォアドライブのスイングは、ラケットを斜め下後方から斜め上前方に動かして、ラケットの面を下に向けながらラバーの摩擦によって球に上回転を与えながら打球します。
この時の身体の使い方としては、両膝・上体ともに時計回りに身体をひねり、バックスイングを大きくとるようにします。このひねりの力、反動を利用して一気に身体をひねり戻します。スイングは斜め上方向に擦りあげるようにスイングします。

 

このときにラケットの軌道が水平に動くほどスピードが出る要素が強くなります。球の当たりが強くなるからです。
逆に、垂直に近くなればなるほど回転がかかる要素が強くなります。球とラケットの摩擦量が増えるからです。

 

前者はスピードドライブ、後者はループドライブになります。

 

ただ、ラケットの角度やスイング方向は、ラバーの種類・戦型によって変わってくるので注意が必要です。

 

多様なフォアドライブの必要性

 

上記のように、スピードドライブ、ループドライブ、カウンタードライブ、ナックルドライブとフォアドライブにはいろんな種類があります。

 

これらのドライブの種類は、ボールをどのようにとらえて、どの方向に、どれだけのスピードや回転で打つかで球質が変化します。これは対戦相手によって、苦手なドライブというものが変化してくるので、最適なフォアドライブを選択することで試合に勝利することができます。

 

中級者、上級者になっていくにつれて、フォアドライブの掛け合いのようなラリー中心の試合になりますから、初級者のうちからいろんな種類のドライブがあることを意識して、自分でも練習してみることが大事です。

 

プロ選手のフォアハンドドライブ動画

 

言葉で説明するよりも、実際のプレーを見たほうがわかりやすいのでみてみましょう。
プロ選手の中でも強烈なフォアハンドドライブを武器にして、2004年のアテネオリンピックで金メダルを獲得した韓国の柳承敏(ユスンミン)選手の練習動画です。

 

実際の試合で強烈なフォアハンドドライブで得点をとっているシーンもご覧ください。

 

シェークハンドを使用している選手で、フォアハンドドライブに定評のある選手は、現代なら中国の馬龍(マロン)選手ですね。
ただ、パワーが違いすぎて参考にならないかもしれません。
なので、プロ選手の中でも最もスイングがきれいといってもいいくらいの選手を紹介します。

 

中国の孔令輝(コンリンホイ)選手です。この選手はすでに引退して、現在は中国ナショナルチームの女子監督をしていますが、2000年のシドニーオリンピックで金メダルを獲得した名選手です。

 

この選手は、フォアハンドもバックハンドも非常に美しく教科書的な存在です。もし練習でつまづいたときなどは、この選手の動画を見てイメージトレーニングをすることでいいプレーができるかもしれません。

関連ページ

卓球のフォアハンドロングの打ち方
卓球において最も基本的なフォアハンドロングの打ち方をご紹介。正しいフォアハンド、基本的なフォアハンドの打球方法。
4種類のフォアハンドドライブ
いろんな種類のフォアハンドドライブをご紹介。回転の変化を駆使して試合に勝とう!

ホーム RSS購読 サイトマップ
卓球最新ニュース お悩みQ&A 卓球上達教材 基本技術の打ち方 お問い合わせ