裏面打法を上達させる!

裏面打法を上達させる!

今日のお客様は中国式ペンホルダーの男性。裏面打法を上達させたいとのことでした。そのお客様は基本の打ち方がとても上手でスイングに変なクセがありません。このようなきれいなフォームで打てる方は上達が早いことが多いです。

 

スイングはきれいだけどスイングスピードが少し遅くて回転がかかってなかったんですね。常に一定のスピードなので、一定の回転量はあるんだけど相手を吹き飛ばすような回転量にはならない。なのでまずはスイングスピードを上げましょう!というアドバイスをしました。

 

これだけでもだいぶ回転量と威力が上がりました。ただこれでは腕だけの修正なので十分ではありません。次に直したのは、腰の使い方です。腰が回らず腕だけでスイングをしていたので、左腰を反時計回りに回すように修正をしました。

 

その方は右利きなので、左腰を回して球にぶつけるようにしましょう、とアドバイスをしました。そうすると球に伝わる威力が増します。

 

最後にもう一つアドバイスをしました。それは左股関節にタメをつくること。裏面打法を打つときは股関節にタメを作ることが大事です。特に下回転を打つとき、台から下がって打つときはタメを作ることが肝心です。

 

・スイングスピード
・腰の回転
・股関節のタメ

 

この3つを意識するようにして打球をしてもらったら、回転量がグンと上がったのを感じました。ノータッチで抜けるくらいにはなったかな。もちろん私はノータッチでは抜かせませんけどね(笑)。

関連ページ

ドライブに回転がかけるためのコツ
ドライブに強く回転をかけるためにはいくつかのポイントがあります。
フォアハンドのフォロースルーを修正しました。
フォロースルーはコントロールを高めるためには大切なポイントです。

基本技術の打ち方 コーチング事例 卓球上達教材 卓球ケガの予防法 個別指導講座