【卓球動画】王皓選手の裏面打法の打ち方(スローモーション)

王皓選手の裏面打法の打ち方(スローモーション)

今回は王皓選手の裏面打法の動画をご紹介します。

 

裏面打法と言えば王皓選手ですが、ペンホルダーのみなさんは裏面打法に取り組んでいますか?わたしもペンホルダーなので、王皓選手の動画は何百回と見ました。もちろんこの動画も繰り返し見たのですが、王皓選手のスイングがスローモーションで撮られているので、とてもわかりやすいし、真似をしやすくなっています。

 

王皓選手の裏面打法のスイングの特徴としては、ラケットのグリップ側から入って、打球直後からラケットを回すようなスイングになっています。スローモーションではより前腕の動きがしなやかなのがわかりますね。

 

パワフルな球を作り出すには、カクカクするような打ち方ではなくて、滑らかでしなやかなスイングを心がけることが重要です。あと、裏面打法はグリップがとても大事です。グリップの握りが悪かったり、ラケットの削りが不十分だと、コースが限定されてしまいます。

 

裏面打法はストレートコースに打てることが前提条件なので、そこをしっかり考える必要がありますね。と、私がえらそうに解説しても申し訳ないので、動画を見てください(笑)。

 

指導事例「裏面打法を上達させたい!」

今日のお客様は中国式ペンホルダーの男性。裏面打法を上達させたいとのことでした。そのお客様は基本の打ち方がとても上手でスイングに変なクセがありません。このようなきれいなフォームで打てる方は上達が早いことが多いです。

 

スイングはきれいだけどスイングスピードが少し遅くて回転がかかってなかったんですね。常に一定のスピードなので、一定の回転量はあるんだけど相手を吹き飛ばすような回転量にはならない。なのでまずはスイングスピードを上げましょう!というアドバイスをしました。

 

これだけでもだいぶ回転量と威力が上がりました。ただこれでは腕だけの修正なので十分ではありません。次に直したのは、腰の使い方です。腰が回らず腕だけでスイングをしていたので、左腰を反時計回りに回すように修正をしました。

 

その方は右利きなので、左腰を回して球にぶつけるようにしましょう、とアドバイスをしました。そうすると球に伝わる威力が増します。

 

最後にもう一つアドバイスをしました。それは左股関節にタメをつくること。裏面打法を打つときは股関節にタメを作ることが大事です。特に下回転を打つとき、台から下がって打つときはタメを作ることが肝心です。

 

・スイングスピード
・腰の回転
・股関節のタメ

 

この3つを意識するようにして打球をしてもらったら、回転量がグンと上がったのを感じました。ノータッチで抜けるくらいにはなったかな。もちろん私はノータッチでは抜かせませんけどね(笑)。

関連ページ

ペンホルダーのプッシュをマスターしたい!
ペンホルダーのプッシュは攻撃力の高い技術です。シェークハンドの選手に負けないために速くて鋭い球を出せるコツをお教えします。

基本技術の打ち方 マンツーマンレッスン 2週間で強くなるメルマガ講座 卓球上達教材