卓球のレシーブのコツと練習方法

レシーブのコツは相手のサービスにすぐ対応できるようにする!

サーブレシーブでは、どんなサービスにもオールフォアで対応できるようにリラックスした体勢で構えることが大切です。

 

 

個人的特徴にもよりますが、フォアハンドでレシーブしたほうが、様々な回転に対応しやすいという点と、攻撃力がある点、相手に威圧感を与えるといった精神面でのメリットもあります。ですから、フォアハンドでもレシーブできるという構えのほうがよいでしょう。

 

 

男子選手であれば、卓球台の端に近い所、女子選手であれば、やや台の中心側に構えるとよいと思います。

 

 

足は肩幅よりやや広くして、右利きの場合、左足が右足より半歩前にして構えるとフォアハンドの動き出しがスムーズになります。

 

 

サムソノフ選手のレシーブの構えは非常にゆったりとしていて教科書のようだと思います。

 

サムソノフ選手のレシーブに注目してください。

 

前傾姿勢になりすぎず、リラックスして構えてみる

ラケットの高さは高すぎず、低すぎず、腰の高さよりやや高い位置に置き、スムーズに球の落下点にラケットを動かせるようにします。

 

 

前傾姿勢になりすぎない、といったのは、前傾姿勢になりすぎると卓球台の全体を見渡しづらくなり、相手の様々なサービスに対応できなくなってしまいます。

 

 

リラックスして自然体で構えて、どこにサービスがきても対応できるようにすることで、相手がサービスを出すときに迷いを与えることができます。

 

ラケットの位置はエンドラインにラケットの先端が触れる程度の距離にする

ラケットをエンドラインに置くようにすると、ラケットが下がりすぎず、上がりすぎることもなく、一つの目安となります。それくらいの距離がショートサービスとロングサービス両方に対応しやすいです。

 

 

ただ、相手のサービスがショートサービスが多いのか、ロングサービスが多いのかによって、距離感を相手によって変えることも大切です。

 

スタンスの幅は肩幅からやや広めにする

肩幅より少し広めで構えて、棒立ちではなく、膝を軽く曲げることで、いろんなコースのサービスに対応することができます。

 

 

重心は、ややつま先よりに置くと動きやすいです。しかし、つま先立ちになるくらい重心がよってしまうと逆に動きづらくなってしまうので、自分が動きやすい姿勢を細かくチェックすることが必要です。

指導事例「レシーブが全然取れなくて困ってます・・・」

レシーブが取れなくて困ってます!っていう方けっこういますよねー。

 

卓球というスポーツは、卓球の中でも最も難しいとされる技術「レシーブ」をしてからラリーをしなくてはならないのでけっこう酷なスポーツですよね^^;

 

レシーブが簡単になれば卓球というスポーツはもっと裾野が広がると思うのは私だけでしょうか?という話は置いといて・・・

 

レシーブが取れなくてはいくら普段練習していても、その努力を生かすことはできません。そこで初中級者の方向けに、確実で安定性のあるレシーブのコツをお伝えします。

 

ミドル(台の真ん中)に返球する

 

このポイントを守ることがコツです。レシーブをするとき、相手に打たれないようにと思ってつい厳しいバック側や厳しいフォア側に返球しようとしてしまうのですが、相手のサービスの回転がわからないのであれば、台の真ん中、ミドルコースに返球することが確実です。

 

台の真ん中を狙えば、相手の回転に負けて右側にいったり、左側にいったりしても返球確率が上がります。

 

とりあえず返球しなければ話になりませんからね。難しいことは求めず、まずは入れましょう。

 

よくコーチングをしていると、まずは真ん中に返しましょうと言うと、「もっと厳しいコースに返したいんだけどな・・」という顔をされる方がいるんですが、まだ早いです。チキータレシーブ・・早いです。。(笑)

 

次に、ミドルに返すことはできた。でも相手のサービスが横回転なのか下回転なのかがわからない!という方のためにステップアップです。

 

 

ミドル(台の真ん中)に思いっきりツッツく!

相手のレシーブが横回転か下回転だった場合、思いっきりミドルコースにツッツいてください。

 

これはどういうことかというと、下回転ならツッツくのはわかりますよね。横回転だった場合、思いっきりツッツくことで、横回転だったサービスが下回転に「上書き」されます。

 

これは思いっきり!というところがポイントです。

 

相手の横回転よりツッツくスピードが遅いと回転に負けて左右に飛ばされます。

 

このやり方を動画で解説してくれてる方がいるので見てみましょう。とても分かりやすいです。

 

 

ちなみに上回転のサービスの時は、比較的横回転や下回転よりも分かりやすいと思います。球が伸びてきたり、まっすぐに飛んできますから。上回転だなと思ったら、普通にバックショートで返球してください。

 

上級者の方はレシーブから攻めていくことも考えていかなくてはならないので、もっとリスクのある技術が必要になりますから、それはまたの機会に♪

 

あなたにおすすめ!絶対うまくなる卓球上達教材

フォアハンドを上達させたいなら→天才・坂本竜介コーチのフォアハンド上達法
バックハンドを上達させたいなら→天才・坂本竜介コーチのバックハンド上達法
ジュニア選手を強化させたいなら→卓球ジュニア選手を強くするための教科書!

卓球のレシーブのコツと練習方法記事一覧

レシーブの返球率が上がる5つの方法とは

目次回転の種類を理解する!まずは相手コートに入れること!ボールをよく見る!右回転サービスはフォアハンドで、左回転サービスはバックハンドで!わからなければ思いきりが大事!レシーブは卓球技術のなかでも最も難しい技術のひとつだと思います。相手の制限を受けることなく、自由自在に回転を操ることができる、それを...

≫続きを読む


基本技術の打ち方 マンツーマンレッスン 2週間で強くなるメルマガ講座 卓球上達教材