卓球のモチベーションは高すぎても、低すぎてもダメ!

卓球のモチベーションは高すぎても、低すぎてもダメ!

卓球のモチベーションは高すぎても、低すぎてもダメ!

卓球のモチベーションは高すぎても、低すぎてもダメ!

 

目次
卓球のモチベーションは高すぎても、低すぎてもダメ!
試合で勝つために必要な呼吸法とは
メンタルトレーニングで最高の自分に出会おう!

 

 

スポーツにおいてよく使われる言葉で、「モチベーション」というものがありますね。
これは簡単に言えば「やる気」とか「意欲」とか「運動意欲」と同じような意味で、行動を起こさせる気持ちやゴールへ向かう気持ち、そしてそのための行動を繰り返し行う気持ちだったりします。

 

一般的に言えば、モチベーションが高くなれば、フットワークが速くなったり、攻撃がいつも以上に入ったりと、自分の調子も上がり、高いパフォーマンスができると考えられています。

 

でも実際は違うんですね。

 

モチベーションが強すぎると力んだり興奮しすぎて情緒的に不安定になり、逆にパフォーマンスが悪くなると言われているんです。言われているんです、と書きましたが実際そうだと思います。

 

私はけっこう負けず嫌いなのでどんな試合でも負けたくないんです。そうすると、試合の時は必ず力みが出たり、思いがけないミスに対して苛立ちを感じてしまったりします。しかし、練習の時はとてもリラックスしていい球が入ることが多い。

 

これは、モチベーションが影響していると言えます。ですから、卓球に最適な水準でパフォーマンスをすることが大切です。(図3)

 

 

モチベーションの競技別最適な水準とは

モチベーションの最適水準というのは、スポーツ別で異なるということが知られています。

 

一般的には、単純で容易な運動課題あるいはスピード、筋力、持久力などを必要とする運動の場合は、モチベーションの最適水準は高いほうが好ましく複雑で困難な運動課題あるいは正確性、巧緻性、協応動作などが要求される運動になると、その水準は低くなってくると言われています。

 

例えば、重量挙げや短距離走などは高いモチベーション水準がよく、ライフル射撃やアーチェリーなどのターゲット種目の場合には低いモチベーションでよいパフォーマンスが期待できるとされています。(表1)

 

卓球の最適水準は中程度の最適水準と言えるので、モチベーションは高すぎてもいけない、低すぎてもいけない、ちょうどいいポイントをコントロールすることが大切です。

 

 

 

試合で勝つために必要な呼吸法とは

メンタルトレーニングには、正しい「呼吸法」というのも、トレーニングのその一つになります。本格的にスポーツに励んでいる方なら、一度は呼吸法を考えたことがあると思います。

 

わたしの専門は卓球なのですが、卓球では球を打つときに、シュッ、シュッなどと声を出しながら打つとよいとされています。

 

呼吸を変えることで、試合に勝てるようになるならと手に取った本があります。
スポーツ選手のための心身調律プログラム

 

読んでみると呼吸法専門の本ではなく、メンタルトレーニングについての本であることがわかりました。

 

実践的というよりは専門書のような感じなのですがとても興味深い内容でした。
今日は、この本に書かれている呼吸についての内容をご紹介します。

 


呼吸運動は、息を吸っている(吸気)時には交感神経機能が活性化され、息を吐いている(呼気)時には副交感神経機能が活性化される。

 

精神的なストレスが多くなると、呼吸は浅くかつ速くなり、吸気が強調され、交感神経機能が優位になる。

 

逆に落ちついた心理状態のときには、呼吸は深く、ゆっくりとした呼吸となり、呼気が強調され、副交感神経機能が優位となる。

 

わたしは卓球の試合の時、けっこう頻繁に競り負けることがあります。悲しい・・

 

自分が先にミスをしてしまうことが多いんですね。でも、その理由はきっと相手と均衡してとても緊張している場面で、自分の呼吸が速くなってしまっていることもあると思います。

 

大事な場面だからこそ、普段通りの呼吸を心がける。ミスをしてしまってイライラしてしまっている自分を感じることがあります。きっとその時も呼吸が速くなっていることでしょう。

 

ミスをしたら、深呼吸。
ミスをしたら、深呼吸。

 

メンタルトレーニングで最高の自分に出会おう!

「心」が「技と体」を支えている

スボーツの世界ではよく、「心・技・体」という言葉が使われますね。心と技と体がすべて充実して、初めてー流のスポーツ選手ができ上がるのです。

 

「技」は練習をすることで強くすることができます。でも、ケガや病気をしていては、せっかく身につけた技術を発揮することはできませんね。それだけでなく、過酷な試合で。パフォーマンスを維持するためには、筋カトレーニングなどで体力をつける必要があります。

 

ほかにも栄養面を考慮した食事メニューを積極的にとり入れたり、良い睡眠をとることも必要になってきます。つまり「技」は「体」の上に秉っているのです。

 

ただし、いくら技と体が完璧であっても、肝心の練習や本番における集中力がなければ、実力を発揮することなどできません。

 

「技」や「体」をコントロールしているのは「心」なんです。「心が土台になり、その上に「体」、そして「技」が秉っているのです。

 

メンタルトレーニングがパフォーマンスを上げる

一流と呼ばれる選手は、土台となる「心」、つまり、精神面をしっかり保つことに力を注いでいます。

 

そこで重要なのがメンタルトレーニングです。アスリートが発揮できていない潜在能力を、十分に発揮する手助けをしてくれるのが、メンタルトレーニング。

 

技術レベルが高まるにつれ、技術の上達も頭打ちになり、スランプになってしまうこともあります。そんなときこそ、メンタル面の強化が必要になるのです。

 

多くのアスリートは、相手を打ちのめすことを最大の目標として、日夜練習に励んでいます。しかし、実は「真の敵」は相手ではなく、自分自身なのです。

 

最高の自分に打ち勝つことが必要

例えばゴルフといった競技は、ボクシングのように相手を打ちのめすことはできません。陸上競技や競泳のような記録を争う競技でも同じです。

 

このような競技の性格上、たとえ素晴らしいスコアや記録を打ち立てても、自分よりも良いパフォーマンスを発揮するアスリートがいれば、彼らを打ち負かして勝利することなどできないのです。

 

卓球は相手を打ち負かす競技ですが、打ち負かそうと思っても相手のパフォーマンスが自分よりも高ければ勝てはしないのです。

 

ですから、結局はどのスポーツも自分との闘いと言えるでしょう。目の前の相手を倒すのではなく、常に自分自身の理想を競いあう意識を持ちましょう。

 

集中力を高めて「最高の自分」に出会うことこそが、アスリートの勝利ヘのカギをつかむのです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
卓球上達教材 基本技術の打ち方 卓球ケガの予防法 個別指導講座 お問い合わせ