前・女子ジュニア日本代表監督の呉光憲が語る「平野世代」の強さの秘密

平野と石川、勝ち進めば準決勝で対戦!世界卓球個人戦組み合わせ決定

29日から開幕した「世界卓球2017ドイツ」(5月29日〜6月5日)。がぜん注目を集めているのが、4月のアジア選手権で世界ランク1、2、5位の中国代表3人を破って世界に衝撃を与えた平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)。
 
一方で、リオ五輪の女子団体で銅メダルを獲得した伊藤美誠(スターツSC)のほか、早田ひな(希望が丘高校)、加藤美優(日本ペイントホールディングス)ら若い世代の活躍にも期待が集まる。
 
上記4選手は、昨年12月に南アフリカで開催された世界ジュニア選手権女子団体で優勝したメンバー。だが、そのときの監督が韓国人の呉光憲(オ・グァンホン、現・ポラムハレルヤ卓球団監督)ということはあまり知られていない。
 
呉は2009年から卓球女子日本代表コーチに抜てきされ、13年から4年間、同ジュニア日本代表監督も兼任し平野、伊藤らを指導してきた。なぜ“平野世代”が中国を震撼させるほどにまで成長したのか。呉しか知らない女子ジュニア世代の成長秘話と隠れた才能とは――。
 

韓国の無名コーチが日本で”名将”へ

 
ソウル駅からKTX(韓国高速鉄道)に乗って約35分、忠清北道(チュンチョンプクト)の天安牙山(チョナンアサン)駅に降り立った。そこからタクシーに乗り15分ほどで目的地に到着。建物の最上階には「ポラムハレルヤ卓球団」という看板が見えた。
 
「はじめまして。はるばる日本からお越しいただき、ありがとうございます。お疲れでしょう」
 
どこからともなく聞こえてきた流ちょうな日本語。紛れもなくそれは呉光憲監督だった。彼の経歴は少し特異だ。
 
1995年に初来日して淑徳大学女子卓球部のコーチに就任。5年目の2000年に1部に昇格させ、同年のインカレで初優勝。さらに04年まで史上初のインカレ5連覇を達成した。13年までインカレ優勝は通算11回。
 
無名だった淑徳大学を名門チームへと育て上げ、いつしか“名将”と呼ばれるようになった。その実績が買われ、2009年から女子日本代表コーチ、2013年から女子ジュニア日本代表監督も兼任した。
 
そして、急成長を遂げた伊藤美誠をはじめ平野美宇、浜本由惟選手などジュニア選手を日本代表選手に育て、日本卓球の強化に大きく貢献したことが高く評価され、韓国人として初めて「2015年度ミズノスポーツメントール賞(※)」を受賞した。(※)ミズノスポーツ振興財団が、日本体育協会、日本オリンピック委員会と共催で日本の競技スポーツ及び地域スポーツにおいて選手の強化・育成並びに地域スポーツの普及・振興に貢献した指導者を顕彰するとともに、優秀な指導者の育成を目的に制定された。
 
日本で指導者として成功した呉は、開口一番にこう話してきた。
 
「いずれは日本の女子代表監督という道も想定はしていました。ですが、韓国の実業団チームから熱烈なオファーがあり、(伊藤)美誠や(平野)美宇たちとはしっかりとお別れもできずにここに来たのです」

 
少し残念そうな表情を浮かべつつも、昨年10月に新設されたばかりのチーム監督として、新たな意欲もみなぎっていた。今年4月に広島県で開催された「ひろしまオープン卓球選手権大会」では男子団体で優勝し、いきなり結果を残している。
 
「伊藤と平野を最初に見た時、いずれ世界のトップにランクインする可能性があると確信しました」
 
そう切り出し、教え子たちの成長を支えた密度の濃い4年間とその才能について口を開き始めた。
 

伊藤美誠は“天才肌”、平野美宇は“努力家”

13年4月にジュニア日本代表の監督に就任した呉は、新たな才能を目の当たりにした。2000年生まれで当時中学1年生だった平野美宇、伊藤美誠、早田ひなの同級生3人だ。
 
「彼女たちには確かに才能がありましたし。実力は申し分ない。特に(伊藤)美誠と(平野)美宇の2人の関係には特別なものがあると感じましたよ」
 
そう切り出した呉が二人の長所を語り始める。
 
「美誠は潜在力が高く、頭のなかでシステムを構成する力、相手がどのようなシステムで出てくるのかを読む力のある選手です。加えてネットプレーとレシーブで主導権を握るのが優れています。一方、美宇は接戦になっても耐えられる体力に優れていて持久力があるのが特徴。美誠は天才肌タイプ、美宇は努力家タイプと言えます」
 
ただ、彼女たちに才能があるとはいえ、まだ幼い中学生。決定的に足りないものがあった。
 
「私が当時代表だった彼女たちを指導する際、強調したのは集中力。その次に練習の雰囲気と士気を高めるように努めました。当時、練習環境が静かすぎるので、例えば『美誠、ファイティン!』と言えば、そのあとに声を上げるように指導しました」
 
少し笑い話にも聞こえるが、呉は13歳の少女たちを前に様々な工夫を凝らしながら士気を高めることを意識した。その中でも呉が大切にしたことが“心のコミュニケーション”だった。
 
「どれだけ優秀な指導者がいても、選手と心を通わすことができなければ成果はでない」――呉が日本で大事にしてきたモットーだ。
 

代表の練習があれば、毎日誰よりも早く来て、室内をきれいに整理して選手の練習環境を作った。合宿の最終日には必ず選手たちと一緒に焼肉を食べにいった。もちろん自腹だ。
 
「合宿が終わると『先生!今日はどこのお店ですか』と選手たちが言ってくるんです。楽しみーなんて言ってね(笑)」
 
もちろん選手だけではない。東京・北区にある味の素ナショナルトレーニングセンター近くの飲食店でコーチたちと立ち寄り、食事をしながらコミュニケーションを取った。
 
「もちろん練習は厳しく。でも一歩、外に出ればジュニアにとっては楽しくいられる存在でありたかった。練習が終われば、選手たちの前で面白いこと言ったり、少しバカなこともしたり……。厳しい中でも人間的な関係を構築できれば、選手はついてきてくれると信じていましたから」
 
こうした指導方法は何もジュニア代表監督時代に実践してきたのではない。淑徳大学の卓球部コーチとして指導者生活を始めたときから、変わらない呉の信念だ。
 

「守備的なプレーでは中国に勝てない」

選手から信頼を得るには、技術の向上と結果も大切な要素だった。そこで呉は選手に様々な改革をうながした。
 
「フォアハンドに対するスピード、ボールの回転力について強調しました。試合や練習を見ていると安全なプレーが目立つ傾向があったので、それもやめさせました。理由は安全策ばかりだと絶対に成長が見込めないからです。より攻撃的で、破壊力のあるプレーを求めました」
 
呉は口癖のようにこう言い続けたという。「守備的なプレーでは絶対に中国には勝てない」
 
才能のある選手が集まったとはいえ、中学1年生にこうした言葉をどれだけ理解できたのだろうか。ただ、何度戦っても中国に勝てない現実を突き付けられるたび、呉の指導と話を聞き始めるようになっていた。
 
「今まで経験したことのない幅の広い卓球を駆使するなら、体力が必要になります。それに筋力も必要。ジュニア選手はあまり体力がないので、厳しいトレーニングを課しました。選手たちは毎日 『しんどい』、『筋肉痛だ』と言っていたのを記憶しています。しかし、結果が出てくると私がやらせなくても、自発的にトレーニングするようになるのです」
 
成績が出ることで選手たちの意識は変わった。呉は就任から1年半、徹底して攻撃的な練習、意識を植え付けた。その結果、伊藤と平野は14年のワールドツアードイツオープンの女子ダブルスで優勝する。
 
「それから美誠と美宇はグングンと成長していきました。2人が活躍する姿を見たほかの選手も自信をつけていました。そうした相乗効果が代表チーム内に生まれたわけです」
 
ジュニア日本代表で台頭した伊藤と平野。今ではシングルでもライバルとなる2人だが、当時は“みうみま”で親しまれたダブルスのパートナーだった。だが、今回の世界選手権で、平野は石川佳純、伊藤美誠は早田ひなとダブルスを組む。
 

「2人は中2からダブルスのペアで、その実力は知られている通り、息の合ったいいコンビでした。ですが、今は別々のパートナーになりました。それぞれ実力がつき、互いに意見がぶつかりあうこともあったことを私は知っています。それは2人が“いい意味”で切磋琢磨するライバル関係にあるからでしょう」
 
強いライバルがいてこそ選手は成長する――。呉は代表コーチとして帯同したリオ五輪で、それを痛いほど感じるシーンを目撃していた。
 
「リオ五輪で日本女子が団体で銅メダルを獲得し、帰国する飛行機がドイツ経由だったんです。乗り換えまでに4時間くらいあったので、そこでANA(全日空)が選手たちの歓迎会を用意してくれていました。そこで美誠をはじめ、銅メダルを獲った選手たちは関係者と写真撮影に応じて楽しく過ごしていたのですが、団体代表に落選しリザーブのため試合に出場できなかった美宇にもちろんメダルはありません。彼女は静かにその場から立ち去っていきました。その姿を見ながら、『美宇はいつか勝つ』と感じていました」
 
このときの平野の心境を想像してみてほしい。「いつか見返してやる」と思っていたとしても決しておかしくはない。
 

平野美宇を強くさせた“強気”と“自信”

そうした秘めたる思いが実り始めたのか、実際に平野の快進撃は止まらなかった。
 
昨年10月の女子ワールドカップでは大会史上最年少となる16歳で優勝すると、今年1月の全日本選手権でも石川佳純を破り史上最年少の16歳9カ月で頂点に。そして4月の第23回アジア選手権で中国勢を破っての優勝。平野は王者・中国から脅威の存在として、いよいよ始まる世界卓球選手権に挑む。実に15年の蘇州大会以来、2回目の出場だ。
 
「アジア選手権での平野の快進撃は確かに驚きましたが、そうした結果が出てもおかしくはない選手。早い打点と連打、常に攻撃を仕掛ける強気なプレースタイルは健在です。ただ、今回の世界選手権で平野は徹底的に研究されていることでしょう。それでも中国の世界ランク上位3人を破ってのアジア選手権制覇は、彼女の大きな自信となりました。この“自信”がより彼女を強くさせていると思います。メダルも期待していいでしょう」
 
女子シングルスで日本女子が優勝すれば、1969年大会以来、48年ぶりの快挙となる。呉は教え子たちが、その快挙を成し遂げるのをこの目で見届けたいと思っている。
 
16年の世界ジュニア選手権大会(南アフリカ)では平野、伊藤、早田が5連覇中の中国を破り世界一に導いた。ジュニア代表監督として、最後に大仕事をやってのけた呉は、韓国に帰国して実業団の新監督としての道を歩み始めた。
 
「美誠、美宇、早田、加藤の4人とはちゃんとしたあいさつができなかったんです。彼女たちは世界ジュニアのあとドバイで開催されたグランドファイナルに出場したのでね……」
 
ただ、彼女たちは最後まで呉のことを忘れてはいなかった。世界ジュニア選手権の団体戦で優勝したときのボールにサインをして、呉へのプレゼントとして準備していたのだ。
 
4年間、苦楽をともにしてきた日本ジュニア選手たちからの粋な計らい。関係者を通してそれを手にした。
 

「これは私の一生の宝物です」と呉は笑った。


引用元:金明c | スポーツライター
5/30(火) 6:30

関連ページ

娘に卓球指導に消極的だった水谷「娘が卓球をやりたいならやらせたい。」
水谷選手、長女の茉莉花ちゃん(2)を将来、卓球選手へと育てる意向を示唆した。
水谷選手、娘のために「現役を続けたい」
水谷隼選手が3歳になる娘の存在が現役続行への強い動機になっていることを明かした。
水谷隼、カタールオープン欠場
水谷隼選手が先日カタールオープンの欠場を発表した。理由は体調不良。
卓球・張本智和、ツアー最年少優勝ならず
史上最年少優勝を目指し、卓球の張本智和選手(13)が、インドオープンに臨んだ。
水谷隼 メディア出演一区切り「今年は卓球に専念」
水谷隼(27)=ビーコン・ラボ=が20日、カタール・オープン(23日開幕、ドーハ)に出場するため、羽田空港から出発した。
卓球インドオープン、丹羽幸希、張本智和2回戦へ
卓球のインド・オープンは16日、ニューデリーで行われ、男子シングルス1回戦で丹羽孝希(明大)がインド選手にストレート勝ちして2回戦に進んだ。
映画『ミックス。』新垣結衣、逃げ恥の次は卓球コメディ!
映画『ミックス。』が、2017年秋に全国の劇場で公開される。
13歳張本、フォアに自信「大会で試したい」
卓球男子の張本智和(13=エリートアカデミー)が、ワールドツアーのインドオープン(14〜19日、ニューデリー)などに出場するため、成田空港から出発した。
新垣結衣と瑛太が映画「ミックス」でダブルスを結成!今年秋公開へ
新垣結衣と瑛太がW主演を務める映画『ミックス。』が、秋に公開されることが決定した。
【卓球】福原愛夫婦 結婚から半年過ぎても台湾での注目度無限大
卓球の福原愛(28=ANA)と台湾代表の江宏傑(27)夫妻の人気がさらに広がる気配を見せている。
水谷、新リーグへの参戦検討「誰かがチャレンジしないと…」/卓球
卓球男子のリオデジャネイロ五輪メダリストの水谷隼(ビーコン・ラボ)が4日、ことし後半に香港で開催される新リーグへの参戦を検討していることを明らかにした。
水谷隼 香港プロ・リーグ参戦に前向き
リオ五輪で2つのメダルを獲得した卓球の水谷隼(27=ビーコン・ラボ)が4日、香港で新たに生まれるプロ・リーグ参戦に前向きな姿勢を示した。
祝・結婚!福原愛、24年間の密着ドキュメンタリー放送
今月、日本で結婚式を挙げる卓球・福原愛選手(28)に密着取材した24年分の映像をまとめたドキュメンタリー番組『福原 愛 私たちが見続けた四半世紀〜完結編〜(仮)』がフジテレビ系で10日(後7:57〜9:49)に放送される。
伊藤美誠&平野美宇に女子高生が質問!「落ち込んだ時はどうするの?」
日本女子卓球界の未来を担うふたりの女子高生、伊藤美誠選手と平野美宇選手が同じ女子高生からのストレートな質問に応じた。
平野美宇&伊藤美誠の恋愛事情は?理想の結婚も明かす
卓球の平野美宇選手と伊藤美誠選手が28日、都内で行われた予備校のイベントにゲストとして出席した。
石川佳純選手が山口県で卓球教室を開催
リオデジャネイロオリンピックで銅メダルを獲得した山口市出身の石川佳純選手を招いた卓球教室が29日、防府市で開かれた。
伊藤美誠が平野美宇をべた褒め「覚醒していた」、世界選手権はメダル狙う
伊藤美誠と平野美宇が2017年1月28日、河合塾マナビスとスポンサー契約を締結した記念で、都内で開かれた「夢を追いかける高校生応援イベント」に出席した。
12歳小林“りんご”スターになる!ジュニアの部で全国デビュー
1月16〜19日に東京体育館で行われた卓球の全日本選手権ジュニア女子の部に、岩手・宮古ジュニアの小林りんご(12)が出場。
愛ちゃん夫妻、あうんの呼吸披露 児童向け卓球教室
卓球界のビッグカップルが街にやってきた――。五輪メダリストの福原愛さん(28)が25日、夫の江宏傑さん(27)と松山市を訪れ、児童に卓球を教えた。
ついに世代交代、石川佳純を破った平野美宇が実力も人気も逆転!?
1月22日に行われた卓球の全日本選手権女子シングル決勝で、16歳の平野美宇が女王の石川佳純を破る快挙を成し遂げた。
平野、水谷に逆転負け…2ゲーム先取も「攻めている感じがしなかった」
平野友樹(24)=協和発酵キリン=は、史上最多9度目Vを狙う16年リオ五輪男子団体銀メダルの水谷隼に屈した。
水谷隼が4連覇!大会史上単独最多9度目V
水谷隼、9度目Vも衝撃発言「東京五輪で辞めると思う。」
男子シングルスで水谷隼(27)=ビーコン・ラボ=が、大会史上単独最多となる4年連続9度目の優勝を達成した。
吉村が、丹羽が、美誠が敗退…どうした五輪メダリスト
昨年9月に結婚した福原愛選手と台湾人の卓球選手、江宏傑が1日、台北市内のホテルで結婚披露宴を開いた。
石川佳純、水谷隼ら8強、伊藤美誠は敗退
女子シングルスはリオデジャネイロ五輪団体銅メダルで4連覇を目指す石川佳純(全農)、昨年準優勝の平野美宇(エリートアカデミー)が8強入りした。
オリジナル フレーム切手「歴史を変えた 水谷隼 」販売!
このオリジナル フレーム切手は、水谷隼選手が磐田市民栄誉賞を受賞したことを記念して作成した ものです。
全日本選手権 13歳・張本選手、ジュニア男子優勝ならず
昨年9月に結婚した福原愛選手と台湾人の卓球選手、江宏傑が1日、台北市内のホテルで結婚披露宴を開いた。
小6木原美悠、高校生を撃破!「少しうれしいです」
卓球・全日本選手権第1日(16日、東京体育館)が開幕し、ジュニアの部女子単で小学6年の木原美悠(12)=ALL STAR=が2回戦に進んだ。
卓球女子のエース 石川佳純の「今」
卓球の全日本選手権が開幕。 16日から7日間の日程で日本一を争います。女子シングルスで4連覇を目指すのが、石川佳純選手。卓球日本女子のエースにお話を聞いてきました。
吉村真晴、石川佳純ダブルスが4回戦進出
混合ダブルスでともに昨年のリオデジャネイロ五輪メダリストの吉村真晴(名古屋ダイハツ)石川佳純(全農)組が2大会ぶりの優勝に向けて順当に4回戦に進んだ。
卓球試合前のジャンケン廃止 球統一「運より公平性」
卓球の全日本選手権が16日、東京体育館で開幕した。今大会から採用された統一球への順応が、試合の流れを左右しそうだ。
卓球男子日本代表 丹羽孝希選手 スヴェンソン所属決定
[株式会社スヴェンソン] 丹羽孝希選手の世界での活躍を全力でバックアップ!
石川佳純V阻止へ伊藤、平野、早田が女子高生包囲網
卓球の全日本選手権が16日、東京体育館で開幕し、開会式に参加した伊藤美誠(16=スターツ)、平野美宇(16=エリートアカデミー)、早田ひな(16=福岡・希望が丘高)の女子高生トリオが意気込みを語った。
斎藤清、水谷へ「50年100年と破られない記録を作って」
16日に東京体育館で開幕する卓球の全日本選手権で、水谷隼(ビーコン・ラボ)が、シングルスで史上最多9度目の優勝を目指す。
水谷、最多9度目優勝なるか=石川には16歳コンビ挑戦−全日本卓球
12月12日発売の「週刊ポスト」が卓球女子の石川佳純が長身のイケメン男性と池袋でデートをしていたことを報じた。
石川佳純に交際報道が飛び出るもファンは「相変わらずのダサい服」に安心!?
12月12日発売の「週刊ポスト」が卓球女子の石川佳純が長身のイケメン男性と池袋でデートをしていたことを報じた。
【卓球若手戦国時代】松山祐季・18歳…安定感ピカイチ
東京五輪に向け、卓球は若手が代表争いに続々と名乗りを上げている。松山祐季もその一人だ。
18歳以下世界ランクでトップ5独占!伊藤、平野以外も充実。
2017年1月現在の18歳以下の世界ランキングを見ると、1位伊藤、2位に平野、3位に早田、4位加藤美優、5位に塩見真希と上位5名を日本の選手が独占している。
世界ランクから消えた福原愛は「恋愛に忙しく練習そっちのけ」
2017年1月6日、このほど発表された最新の卓球女子世界ランキングから姿を消した福原愛について、恋愛に忙しく練習はそっちのけだと報じられている。
水谷隼、石川佳純ら5月開催の世界選手権代表に決定
水谷隼と丹羽孝希、石川佳純と伊藤美誠が世界選手権個人戦(5月29日〜6月5日)の代表に決まった。
子どもが「夢を叶える」方法とは?伊藤美誠母が語った、親がすべきこと
あなたがもし長生きを望むのであれば、ラケットを使うスポーツが有効である可能性が高いかも?
「ラケット競技」を行うと長生きできるって本当?
あなたがもし長生きを望むのであれば、ラケットを使うスポーツが有効である可能性が高いかも?
卓球ジュニア黄金世代 東京五輪でも中国破り金を獲れるか
卓球世界ジュニア選手権を現地で取材したライターの高樹ミナさんが、2020年東京五輪で中国を破り金メダルを獲る可能性について解説する。
女優チャオ・リーインと張継科の濃密デュエット、「口パクすぎる」と酷評
昨年9月に結婚した福原愛選手と台湾人の卓球選手、江宏傑が1日、台北市内のホテルで結婚披露宴を開いた。
福原愛、江宏傑と台湾で披露宴
昨年9月に結婚した福原愛選手と台湾人の卓球選手、江宏傑が1日、台北市内のホテルで結婚披露宴を開いた。
卓球・水谷隼が大仁田と“邪道対談”
卓球界とプロレス界の“邪道”が奇跡の合体を果たした。大のプロレスファンと公言する水谷隼が、プロレスラーの大仁田厚と初対面。
中国人記者が驚いた日本が開発した人工知能卓球ロボ「フォルフェウス」
中国メディアの煎蛋が26日付で掲載した記事は、中国卓球チームの強さに耐え切れず日本人は「ロボット卓球コーチ」を開発したと紹介している。
石川佳純 伊藤美誠を倒し「スッキリ×2」V 自信取り戻せた
女子シングルス決勝で世界ランク4位の石川佳純(24=全農)が、同8位の伊藤美誠(16=スターツ)を4−2で撃破し、4年ぶり3度目の優勝を飾った。
福原愛の夫、江宏傑選手が千葉市で台湾農産品をPR
江宏傑選手が6日、千葉市で、台湾の農産品などを紹介する記者会見に登場し、福原選手も食べているというサラダを作ってみせながら、台湾の農産品をPRしました。
福原愛、安倍首相とのツーショットに批判の声!ネットユーザーは肯定的
2017年3月13日、安倍晋三首相とのツーショット写真が批判された卓球の福原愛が中国版ツイッターで事情を説明。
福原愛の夫が・江宏傑が日本プロリーグ(Tリーグ)参戦!
卓球の日本リーグ男子2部・琉球アスティーダに、リオ五輪台湾代表の江宏傑(28)が加入する。
日本リーグ、吉村和弘が初出場V個性的な髪形に注目集める
【日本リーグ・ビッグトーナメント】全日本選手権準優勝の吉村和弘(20)=愛知工大=が、決勝で神巧也(24)=シチズン=に3―1で勝利。
石川佳純が平野美宇に感嘆!「美宇ちゃんはスゴイ!」
石川佳純(全農)が17日、韓国オープンへ羽田空港から出発し「優勝目指して頑張りたい」と気合十分に話した。
石川佳純 美宇Vに刺激もらった「私も勝てるって気持ちになれる」
石川佳純(24=全農)が17日、韓国オープン(18日開幕)への遠征出発前に取材に応じた。
平野美宇の優勝は必然!日本は確実に強くなっているー中国メディア
卓球のアジア選手権女子シングルスで、日本の17歳の平野美宇が優勝したことが中国でも大きな話題になっている。
アジア選手権を制した平野美宇、次は世界選手権優勝を視野に
アジア選手権を見事優勝で飾った平野美宇、世界選手権個人戦(5月開幕・デュッセルドルフ=ドイツ)の優勝も現実味を帯びてきた。
平野美宇に敗北した中国の合宿スケジュールが超ハードに!
2017年4月19日、中国女子卓球チームの合宿スケジュールがネット上で明らかになり、1日7時間練習というハードな日程に注目が集まっている。
平野美宇、中国撃破の要因は「内向的性格の変化」
スポーツデスク紙は「アジア選手権優勝はオリンピックメダル獲得よりもスゴイ」と絶賛した。
国際卓球連盟が「40年間達成されなかった偉業」と平野を絶賛!
卓球アジア選手権で史上最年少優勝を果たした平野美宇(エリートアカデミー)は、2日に発表された世界ランキングで11位から自己最高となる8位に上昇。日本の17歳は大躍進を遂げた裏で、40年ぶりの偉業を達成していたという。
日本を警戒せよ!日本の急成長は「たわごとではない」と中国報道
2020年の東京五輪で打倒中国と士気を高める日本の勢いは中国にとって脅威と映っているようで、中国メディアの今日頭条はこのほど、「東京五輪は中国卓球界にとって悪夢となる可能性」があると警鐘を鳴らす記事を掲載した。
中国、惨敗の理由は過剰な芸能活動?選手がCMや歌番組まで
アジア選手権で日本に大敗した中国。現地では、敗因の一つに選手の芸能活動を指摘する声も出ています。
愛工大・石垣客員教授が平野美宇選手らに動体視力トレーニング講習
愛知工業大学の石垣尚男客員教授が5月1日、味の素ナショナルトレーニングセンターで、ナショナルチームの選手を対象に動体視力トレーニングの講習を行いました。
石川佳純、世界選手権へ向け日本リーグは快勝で締める
世界ランク6位の石川佳純が10日、茨城県日立市で行われた日本リーグに出場し、5月29日開幕の世界選手権前の最後の実戦を快勝で締めくくった。
新感覚の筒状卓球!卓球イベントが5月15日に開催!
スコーンというピンポン玉の弾む音が心地いい卓球。新感覚の卓球イベント「低音卓球PARTY」が、5月15日に渋谷で開催されます。
孔令輝監督「平野美宇は中国にとって最大のライバル」ー中国メディア
ドイツで間もなく開幕する世界卓球選手権に備え、湖北省黄石市で合宿に励んでいる中国女子代表チームは、チーム内でのエキシビションゲームで訓練の成果を検証している最中だ。
今度こそ世界選手権優勝へ!日本代表が強化合宿
卓球の世界選手権が今月、ドイツで開幕するのを前に、日本代表が都内で合宿を公開し、先月のアジア選手権で強豪の中国勢を次々と破って優勝した平野美宇選手は、「警戒される中でも勝ちきってメダルを獲得したい」と意気込みを話しました。
中国が仮想“平野美宇”を4人も育成!日本対策に燃える中国代表
29日に開幕する「卓球・世界選手権」(デュッセルドルフ)。4月のアジア選手権女子シングルスで中国のトップ選手を撃破し、日本勢として21年ぶりに優勝した平野は、現在中国の標的になっている。
平野と石川、勝ち進めば準決勝で対戦!世界卓球個人戦組み合わせ決定
29日に開幕した2017世界選手権ドイツ大会の組み合わせシードが決定しました。
カジノで8000万の借金か 卓球中国女子監督孔令輝が停職処分
現中国卓球女子監督・孔令輝がカジノ利用で8000万円の借金疑惑。3600万円が未返済だということです。
38年ぶりの快挙 混合ダブルスで吉村・石川ペアが優勝!
ドイツで開かれている卓球の世界選手権はミックスダブルスの決勝が行われ、日本の吉村真晴選手と石川佳純選手のペアが台湾のペアにゲームカウント4対3で逆転勝ちし、金メダルを獲得しました。卓球の世界選手権で、日本選手が金メダルを獲得したのは38年ぶりです。
丹羽孝希、第一ゲームの9−9「心が折れた」4強入りならず
丹羽が世界ランキング2位の樊振東(中国)との力の差を痛感した。第1ゲームの9−9の場面。得意のサービスを鮮やかなレシーブで打ち抜かれた。
中国ネットユーザーも平野美宇を賞賛「中国選手の敗北はまたある」
卓球の世界選手権個人戦で、平野美宇選手は日本勢の女子シングルスとして48年ぶりとなるメダルを獲得したが、準決勝で対戦した丁寧選手に1?4で破れ、世界選手権の制覇はならなかった。
石川佳純の流暢な中国語に中国人もビックリ「愛ちゃんに教わったの?」
2017年6月4日、中国版ツイッター・微博上で、石川佳純が流ちょうな中国語で中国メディアからインタビューを受けている動画が紹介され、中国のネットユーザーから驚きの声が出ている。
日本のメダルラッシュは中国よりも福原愛にとって悲劇だ―中国メディア
2017年6月5日、中国メディア・東方頭条は卓球の世界選手権での日本勢のメダルラッシュに関して「傷ついているのは中国ではなく福原愛」と題して伝えた。
世界卓球金メダル獲得で石川佳純のテレビ局争奪戦が始まる!
世界卓球ドイツ大会で石川佳純は混合ダブルスで金メダルを獲得。この快挙により一気に石川争奪戦がヒートアップしたという。テレビ局関係者が熱を込めて語る。
丹羽孝希が水谷超え宣言「抜ける位置にはいる」・・・本当に?笑
世界卓球ドイツ大会で男子ダブルスで銅メダル、男子シングルスで8強入りした丹羽孝希が7日、成田空港に帰国し、「水谷超え」を宣言した。
孔令輝卓球中国女子監督、カジノ賭博で職務停止
2017年世界卓球選手権デュッセルドルフ大会の開幕日、5月29日付の香港メディアは、孔令輝監督のカジノ賭博容疑を報じた。
卓球混合ダブルス、東京五輪の新種目に決定!
国際オリンピック委員会(IOC)は9日、スイスのローザンヌで臨時理事会を開き、2020年東京五輪の新種目として、世界選手権で日本が金メダルを獲得した卓球混合ダブルスの採用を決めた。
再び日本を卓球王国に!次世代の美宇や張本発掘へ、新プロジェクト発足!
世界トップの中国に迫る勢いの卓球ニッポンを後押しすべく日本代表女子の前監督、村上恭和氏が幼児への普及プロジェクトを始めた。
丹羽・吉村組は中国ペアに敗れ準優勝 美宇、美誠はベスト8で敗退
ジャパンオープン4日目、平野美宇(エリートアカデミー)は陳夢(中国)に0−4で完敗した。伊藤美誠(スターツ)も王曼ユ(中国)に2−4で敗れ、日本勢はベスト4に進めなかった。
平野美宇が陳夢に4-0の完敗「中国はやっぱり強かった」
4月のアジア選手権女子シングルス決勝の再現となった対戦は、世界選手権銅メダルの平野美宇(17=エリートアカデミー)が敗れた。
次世代の美宇、張本は「すぐ出てくる」日本卓球界の若手育成システム
先日の世界卓球2017では計5個のメダルを獲得した日本。躍進の背景には、日本協会が17年来着実に築き上げてきた若手強化システムがある。
吉村真晴、劉国梁中国総監督更迭騒動を心配「良い状態で戦いたい」
中国のトップ選手が大会をボイコットした騒ぎについて、倉嶋監督、吉村真晴が早期の事態正常化を望んだ。
24歳石川佳純は「ベテラン」若手選手との世代ギャップに悩む
2020年の東京五輪に向け、若くて優秀な選手が次から次へと輩出される卓球界。あまりに若年層の活躍が目立つため、石川佳純はもはやベテランだ。
卓球日本女子、中国勢に完敗・・水谷も韓国の若手に惜敗
2020年の東京五輪に向け、若くて優秀な選手が次から次へと輩出される卓球界。あまりに若年層の活躍が目立つため、石川佳純はもはやベテランだ。
石川佳純「強くなりたい」中国超級リーグへ参戦
卓球女子の石川佳純(24=全農)が6日、今秋に中国スーパーリーグに参戦する考えを明かした。
7月は石川佳純の強化月間、馬場監督「マンツーマンで見る」
卓球女子日本代表の馬場美香監督が8日、オーストラリア・オープンから成田空港に帰国した。馬場監督は、中国のさらなる脅威に触れ決意を新たにした。
明治大学、森園政崇が中国の学生と卓球交流
明治大学は13日、北京大学や北京体育大学との卓球交流活動の一環として、エキシビジョンマッチを開催した。
水谷隼が主将、木下グループ卓球部創設!
住宅メーカーの木下工務店などを傘下とする木下グループは27日、卓球部の創部と、新練習場の川崎練習場(川崎市)を披露した。
2017年グーグル検索ランキングに「世界卓球」が9位にランクイン!
2017年上半期のグーグル検索ランキングが発表されました。なんと世界卓球というワードが9位にランクインされました!
来秋開幕新リーグの名称はTプレミアリーグに
来秋に開幕する卓球の新リーグ「Tリーグ」の1部の名称が「Tプレミアリーグ」となることが5日、分かった。
ブルガリアオープン|石川佳純がダブルスパートナー伊藤を下し優勝!
卓球のブルガリア・オープンは20日、ブルガリアのパナギュリシュテで行われ、女子シングルス決勝で石川佳純(全農)が伊藤美誠(スターツ)を4−0で降して優勝した。
新垣結衣がハート型ラケットを持って映画「ミックス」を宣伝
新垣結衣主演の映画ミックスが秋に公開される。そんな彼女のかわいすぎる写真が投稿され、ネット上で話題になっている。

ホーム RSS購読 サイトマップ
卓球最新ニュース お悩みQ&A 卓球上達教材 基本技術の打ち方 お問い合わせ