Q.フォアハンドがなかなか上達しなくて困っています。

Q.フォアハンドがなかなか上達しなくて困っています。

私は卓球には二つの打ち方があると思っています。それは「飛ばす打ち方」「引く打ち方」です。

 

これはどういうことかというと、例えば遠くに狙う的があって、そこの中心をめがけて行うスポーツがあります。アーチェリーや弓道、ダーツなどです。

 

遠くの的に狙いを定めて矢を「飛ばす」。これらのスポーツはなかなか狙った場所にいかないから面白さがあるし、それが人々を熱狂させるスポーツになっているんですね。これを卓球で言えば、フォアコースの狙った所にスマッシュを打ち込む、バックコースの狙ったところにドライブを打つ、これが通常あなたがやっているだろう「飛ばす」打ち方です。しかし、この打ち方はスピードは出るけどコントロール性に欠けるというデメリットがあります。

 

ではちょっと考え方を変えて、先ほど言ったアーチェリーや弓道、ダーツなどの的の中心にゴムがついていて、それをぐーーっと引っ張って手元の矢にくっついていたとしたらどうなりますか?必ず的の中心に当たりますよね。スポーツとしてはまったく面白くないけど、間違いなく満点とれますね笑。矢が的に引かれるようにして飛んでいく。

 

 

 

これを卓球でイメージしてみるとどうでしょう。自分が狙っているところ(的)にゴムがついているとして、そこからぐーっと引っ張って、今から打つ球にゴムがくっついているとしたら...。
間違いなく狙った場所に打つことができますね。球がボールの落下点に引かれるように飛んでいく。
これが「引く打ち方」の考え方です。

 

イメージしづらいかもしれないので、こちらの動画をご覧ください。今の若者は知らないかもしれないけど「ゴムパッチン」という芸です。1:30〜

 

 

一方の人が手を離すと、くわえたゴムが口もとめがけて一直線に飛んでいきます。間違いなく口元に命中していますね。これが当たらなかったら全然面白くありませんよね笑。

 

「引く打ち方」のイメージとしてはこういうことなんです。

 

もし狙った場所にほぼ確実に返球できるとしたら試合で勝てるようになります。

 

初心者の方は特に、「飛ばす打ち方」をして球をコントロールできずにミスをしてしまうんです。引く打ち方のコツは、きっと人それぞれ異なると思いますが、私なりのコツとしては、

 

・まず打つ前に狙いたい場所を決める。(的をしぼる)
・体を開いてから縮めるようにして打つ。(体をゴムのようにして打つ)

 

というのがポイントだと思います。「飛ばす打ち方」「引く打ち方」には両方メリットデメリットがあります。これらを打ち分けられるようになったら実力がグンと上がるでしょう。

関連ページ

Q,チキータの打ち方を教えてください。
今や現代卓球の代名詞になった「チキータ」。難易度が高い技術ゆえに練習するなら注意しなくてはならない点があります。
Q,裏ソフトと表ソフトのラバーは何が違うの?
卓球を始められた方にとってはラバー選びにとても悩むはずです。裏ソフトラバーと表ソフトラバーの違いを理解して慎重に選択しましょう。
Q,レシーブがなかなか上手く返せません。コツを教えてください。
卓球の技術の中で最も難しい技術の一つでもあるレシーブ。シンプルに考えることが攻略のコツです!
Q.バックハンドがなかなか上達しなくて困っています。
バックハンド技術は現代卓球を押し進めた伸びしろがたくさんある打法です。ただその分難しいと感じる技術でもありますから、その上達のコツをお伝えできたらと思っています。
Q,レシーブがなかなか上手く返せません。コツを教えてください。
卓球の技術の中で最も難しい技術の一つでもあるレシーブ。今回は前回よりも深いレシーブ解説です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
卓球最新ニュース お悩みQ&A 卓球上達教材 基本技術の打ち方 お問い合わせ