Q.サービスの回転をかける方法を教えてください。

Q.サービスの回転をかける方法を教えてください。

サービスの回転がかからなくて悩んでいる人はとても多いですね。私の知り合いでも、卓球を20年くらい続けているのですが、今だに回転のかけ方がわからないと嘆いています笑
ここでは私なりのサービス練習法を3つご紹介したいと思います。

 

球遊びで感覚を養う。

いつも皆さんはクラブや部活でサービス練習をしていると思いますが、卓球台を使って一生懸命練習をしていると思います。もちろんその練習法で何も間違いではないのですが、まったく回転のかけ方がわからない人の場合は、それよりも効果的な方法があります。それは「球遊び」です。

 

球遊びというのは、一人でできるものなのですが、ラケットを球に当ててポンポン突いたり、回転をかけて遊ぶ練習方法のことです。

 

初心者の場合は、実はこの球遊びがとても大切なんですね。卓球は感覚のスポーツですから、「この回転でラケットに当たったらこっちに飛ぶんだな」とか「それならラケット面をこうやって傾ければいいんだ」とか、そのような球感覚をこの一人遊びで覚えることが大事です。

 

参考になる動画をご紹介します。この動画では、しっかりと回転をかけれていることがわかりますね。ポイントは、ラケットが当たった瞬間に「ポコン」といった音ではなくて「クッ」というようなしっかりラバーに食い込んだ音がしたら、回転がかかっている証拠です。

 

そして球が真上に飛ぶようにしてください。これが前にポーンと飛んでしまうようなら、回転がかかっていない+回転のコントロールができていないということです。まずはこの感覚を養ってください。

 

 

「ポイント」
・音に注意する
・球を真上に飛ばす。

 

球の前面をこする。

前述したのですが、球に回転をかけることが苦手な人というのは、球がラケットに当たった瞬間に、ポコンという音がしていることが多いです。これでは回転がかからないまま相手コートに飛んで行ってしまいます。これを改善するポイントをお伝えします。

 

左の図をご覧いただきたいのですが、回転がかからない人のラケット進行方向は、ボールの後ろ、もしくは真下をこすっています。真下をこするのは間違いではないのですが、感覚が養われていないうちは回転をかけることが難しいです。

 

サービスのやり方 

 

回転をかけれるようになるには、右の図のように球の前面をこするようにすると回転がかかります。実際には完全に球の前面にラケットを当てることは難しいので、やや斜めになります。ただイメージとして球の前面をこするようにするとベストです。

 

上から下へ落下する球のベクトル(速度・力)に対して、下から上に移動させるラケットで衝突させたほうが、より強い摩擦が生まれるんですね。

 

ですから、球遊びをしながら球の前面をこすりあげて真上に上がるようになったら、回転をかけられているということです。

 

ロングサービスから練習してみる。

これも回転をかけることができる効果的な練習法です。おそらく卓球を始めたばかりの中学生などで部活の練習でサービス練習をしましょう、というときにまずやることは下回転をかける練習だと思うんですね。

 

それはもちろんいいのですが、みんな短いサービスを出そうとするんですね。ここが少し間違いです。回転をかけられない内に短いサービスを出そうとすると、台から出ないように出ないようにと、どうしてもラケット速度が落ちます。すると、回転量も落ちてしまいます。

 

これではいくらやっても回転をかけることができないし、かけられてとしても時間がかかってしまいます。ですから、思いきってロングサービスを出すことから始めてください。

 

台から出ても問題ありません。回転をかけることだけ考えてください。そうするとラケット速度が自然と上がるはずです。ラケット速度が上がれば摩擦を強くすることができます。

 

ロングサービスで回転をかけるコツが習得できれば、その回転量で短いサービスを出すことはそれほど難しいことではありません。ラケット面の傾斜を少し変えるだけで可能になります。まずはロングサービスで下回転、横回転、横下、横上など、いろいろな回転を試してみてください。

 

余談ですが、回転のかかったロングサービスは相手にとってとても取りにくいですから、そのままサービスエースをとることも可能ですよ!

関連ページ

Q,チキータの打ち方を教えてください。
今や現代卓球の代名詞になった「チキータ」。難易度が高い技術ゆえに練習するなら注意しなくてはならない点があります。
Q,裏ソフトと表ソフトのラバーは何が違うの?
卓球を始められた方にとってはラバー選びにとても悩むはずです。裏ソフトラバーと表ソフトラバーの違いを理解して慎重に選択しましょう。
Q,レシーブがなかなか上手く返せません。コツを教えてください。
卓球の技術の中で最も難しい技術の一つでもあるレシーブ。シンプルに考えることが攻略のコツです!
Q,レシーブがなかなか上手く返せません。コツを教えてください。
卓球の技術の中で最も難しい技術の一つでもあるレシーブ。今回は前回よりも深いレシーブ解説です。
Q.フォアハンドがなかなか上達しなくて困っています。
卓球の基本技術フォアハンド。もっともシンプルで奥が深いフォアハンド技術のコツをお伝えします。
Q.バックハンドがなかなか上達しなくて困っています。
バックハンド技術は現代卓球を押し進めた伸びしろがたくさんある打法です。ただその分難しいと感じる技術でもありますから、その上達のコツをお伝えできたらと思っています。
Q.フォアドライブで一発の威力がない。強打を打つ方法を教えてください。
一発で打ち抜けるフォアドライブのポイントは、1ラケット面、2打点、3足の使い方、4スマッシュを練習する、この4つを意識してください。

ホーム RSS購読 サイトマップ
卓球最新ニュース お悩みQ&A 卓球上達教材 基本技術の打ち方 お問い合わせ