正しいレシーブの構え方、ラケットの位置

卓球のレシーブの姿勢と構え方

卓球のレシーブの姿勢と構え方

正しいレシーブの姿勢をマスターして次の攻撃につなげよう!

相手のサービスに素早く対応できるようにリラックスして構えること

 

サーブレシーブでは、どんなサービスにもオールフォアで対応できるようにリラックスした体勢で構えることが大切です。

 

個人的特徴にもよりますが、フォアハンドでレシーブしたほうが、様々な回転に対応しやすいという点と、攻撃力がある点、相手に威圧感を与えるといった精神面でのメリットもあります。ですから、フォアハンドでもレシーブできるという構えのほうがよいでしょう。

 

男子選手であれば、卓球台の端に近い所、女子選手であれば、やや台の中心側に構えるとよいと思います。

 

足は肩幅よりやや広くして、右利きの場合、左足が右足より半歩前にして構えるとフォアハンドの動き出しがスムーズになります。

 

サムソノフ選手のレシーブの構えは非常にゆったりとしていて教科書のようだと思います。

 

サムソノフ選手のレシーブに注目してください。

 

前傾姿勢になりすぎず、リラックスして構えてみる

 

ラケットの高さは高すぎず、低すぎず、腰の高さよりやや高い位置に置き、スムーズに球の落下点にラケットを動かせるようにします。

 

前傾姿勢になりすぎない、といったのは、前傾姿勢になりすぎると卓球台の全体を見渡しづらくなり、相手の様々なサービスに対応できなくなってしまいます。

 

リラックスして自然体で構えて、どこにサービスがきても対応できるようにすることで、相手がサービスを出すときに迷いを与えることができます。

 

ラケットの位置はエンドラインにラケットの先端が触れる程度の距離にする

 

ラケットをエンドラインに置くようにすると、ラケットが下がりすぎず、上がりすぎることもなく、一つの目安となります。

 

それくらいの距離がショートサービスとロングサービス両方に対応しやすいです。

 

ただ、相手のサービスがショートサービスが多いのか、ロングサービスが多いのかによって、距離感を相手によって変えることも大切です。

 

スタンスの幅は肩幅からやや広めにする

 

肩幅より少し広めで構えて、棒立ちではなく、膝を軽く曲げることで、いろんなコースのサービスに対応することができます。

 

重心は、ややつま先よりに置くと動きやすいです。しかし、つま先立ちになるくらい重心がよってしまうと逆に動きづらくなってしまうので、自分が動きやすい姿勢を細かくチェックすることが必要です。

 

あなたにおすすめ!絶対うまくなる卓球上達教材

フォアハンドを上達させたいなら→天才・坂本竜介コーチのフォアハンド上達法

バックハンドを上達させたいなら→天才・坂本竜介コーチのバックハンド上達法

中国卓球をマスターしたいなら→中国式現代卓球講座

ジュニア選手を強化させたいなら→卓球ジュニア選手を強くするための教科書!


ホーム RSS購読 サイトマップ
卓球上達教材 基本技術の打ち方 卓球ケガの予防法 個別指導講座 お問い合わせ