正しいサービスの6つの条件

正しいサービスの6つの条件

● 正しいサービスの条件で特に重要と考える点を6つあげてください。

 

この問いを少し考えてみてください。正しいサービスルールで行わないと、審判から「フォールト」を取られ相手の得点になってしまいますから、必ず守ってください。

 

1、オープンハンドサービスであること。

 

2、サービスを出す前は必ず静止すること。

 

3、ボールは、ほぼ垂直方向に手のひらから16p以上投げ上げること。

 

4、ボールの上昇過程ではなく、落下時に打球すること。

 

5、ボールとラケットが当たる瞬間に、ボールが手や身体で隠されていないこと。

 

6、指で回転をかけないこと。

 

※答えは反転文字になっています。

 

すべて答えられましたか?このほかにもありますが特に重要だと感じたところを6つあげてみました。

 

審判からの注意・警告でメンタルを崩され負けてしまう試合を数多く見てきました。プロ選手でもそれは起こります。下にある動画では、スウェーデンオープン2016の試合、地元スウェーデン出身のイェレル選手がサービスのフォルトによってメンタルを崩され負けてしまった試合です。

 

イェレル選手のサービスは、垂直に上がっているかどうかがグレーゾーンなので、言われても仕方がないとは個人的に思いますが、ルールをしっかり守っていれば、審判から注意されることもなく、メンタルが崩れることもありませんでした。試合開始早々に言われてますからね(笑)

 

もし、あなたが指導する立場にいるのなら、上記の6つは必ず選手に守らせましょう!

 

関連ページ

ラージボールについての基礎知識
卓球には硬式球を使った競技以外にもラージボール、サウンド卓球(視覚障害者卓球)というものがあります。その中でもラージボールについて基礎知識を学びましょう。
卓球の専門用語
卓球には卓球でしか使わない専門用語があります。中には選手も言葉にしないような用語もあるのです。これを知っていれば卓球通??

ホーム RSS購読 サイトマップ
卓球上達教材 基本技術の打ち方 卓球ケガの予防法 個別指導講座 お問い合わせ