サービスのやり方、練習メニューをアドバイス

サービスは第一球目攻撃だ!

サービスは第一球目攻撃だと認識することが大切です。

 

「サービスで点数を取るんだ」、「サービスが上手な選手が一番強いんだ」という強い意気込みを持ちながら、練習しなくてはサービス力は向上しないでしょう。

 

実際サービス力がなければ試合で勝ちあがることが難しいです。不可能ではないけど、人よりもラリーに強くなくてはならないし、体力もなくてはならない。

 

サービス力があれば、サービスエースを取れるし、相手にプレッシャーも与えることができる。サービス力はあるに越したことはないのです。

 

ただ、サービスで点数を取るという意識を持つ、と同時に、「3球目攻撃をする」、「ラリーの主導権を握る」といった攻撃意識を高く持つことを忘れてはいけません。

 

サービスのルール

 

サービスを出す上で必ず守らなくてはならないルールをお伝えします。

オープンハンドサービスであること。

1)ラケットを持っていないほうの手のひらの上にボールを乗せて、静止した状態から打球するまでの間は、ボールは台の表面より上で、エンドラインより後ろにあること。台の中で打球してはいけない。ラケットの構える位置は自由です。

 

2)ボールの上昇過程ではなく、落下時に打球すること。

 

3)ボールとラケットが当たる瞬間にボールが手や身体で隠れていないこと。

 

サービスの種類

 

サービスの種類は無限にあります。打ち方や回転量など人それぞれ異なります。

 

ですが、大きく分けて回転の方向は次のうちになります。

 

回転の方向

 

  • 上回転(トップスピン)
  • 下回転(バックスピン)
  • 右・左回転(サイドスピン)
  • 無回転(ナックル)

 

長さ

 

サービスはいずれかの長さに分けられます。

 

  • ロングサービス
  • ショートサービス
  • ハーフロングサービス

 

ハーフロングサービスというのは、台上で2バウンドするか、ギリギリ台から出るかの長さのサービスの事です。

 

コース

 

コースは大きく分けて3つのコース。

 

フォアコース(長い・短い)
バックコース(長い・短い)
ミドルコース(長い・短い)

 

サービスの質というのは、回転量、速度、コースをどう組み合わせるかでサービス力が決まります。また、バウンドが低いということも非常に重要な要素です。

 

また、このほかに「タイミングの変化」、「サービス位置の変化」も混ぜると、効果がさらに大きくなります。

卓球のサービスのコツと練習方法記事一覧

卓球のサービス時のグリップ

ペンホルダーもシェークハンドもグリップを変えることで回転量や回転の質を変えることができます。というのも、特にシェークハンドは、フォアハンドやバックハンドを打つ時のグリップのままサービスを出すと、グリップが効きづらく回転もかけづらくなってしまいます。シェークハンドのグリップは手首を効きやすくする一般的...

≫続きを読む

 

各サービスの説明

ショートサービス相手コートのネット際に2バウンドするように出すサービス。一般的には、このショートサービスを基本にして、試合を進めていく選手が大半です。なぜなら、サービスが台から出てしまうと攻撃されてしまう可能性があるので、相手にドライブやスマッシュで攻められてしまっては、劣勢になってしまうからです。...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
卓球最新ニュース お悩みQ&A 卓球上達教材 基本技術の打ち方 お問い合わせ