サービスの打ち方、サービス時のラケットの握り方

サービスはグリップを変えれば回転の変化がつけやすい!

ペンホルダーもシェークハンドもグリップを変えることで回転量や回転の質を変えることができます。というのも、特にシェークハンドは、フォアハンドやバックハンドを打つ時のグリップのままサービスを出すと、グリップが効きづらく回転もかけづらくなってしまいます。

 

シェークハンドのグリップは手首を効きやすくする

 

一般的にシェークハンドの場合は、親指と人差し指だけでラケットを挟んで手首の可動範囲を広げるグリップが多いです。このグリップにすれば、右利きの場合、右回転のサービスが出しやすくなります。

 

また、近年では巻き込みサービスといって、左回転のサービスを使う選手も増えています。

 

イェレル選手(スウェーデン)の巻き込みサービス

 

シェークハンドは独特のグリップで独自のサービスが出せる

日本代表の松平健太選手や元日本代表の福岡春菜選手のしゃがみこみサービス、また王子サービスを駆使して好成績を残しました。

 

このしゃがみ込みサービス、王子サービスに関しては、グリップを変えなくては良いサービスが出せません。

 

良いサービスを出すコツは、ラケット面の可動範囲の幅とグリップに瞬間的に力を入れられるかどうかがポイントです。

 

福岡春菜選手の王子サービス

 

ペンホルダーはサービスが出しやすい!

ペンホルダーはシェークハンドよりも比較的サービスが出しやすいです。それは、通常のペンを握るようなグリップの状態で、すでに手首の可動範囲の幅が広いからです。ですから、フォアハンドを振れるグリップのままサービスが出せます。

 

グリップを変えることなく攻撃に移行できるというのがペンホルダーのメリットの一つでもあります。

 

回転がしっかりかかるサービスのコツは、インパクトの瞬間のみ力を入れてスイングスピードを一瞬速くすることです。

 

常にラケットを強く握っていてはいけません。それではスイングスピードが一定になってしまい、強い回転がかかりません。また、インパクトは薄く当てると強い回転がかかりますが、ラケットを強く握っていると、バチンと強く球とラケットが接触してしまいます。それでは強烈な回転をかけることはできません。

 

ペンホルダーのプロ選手でサービスが特にわかりづらいとして有名なのは、柳承敏選手(韓国)です。フォロースルーを工夫すると格段にわかりづらくなります

 

柳承敏選手のサービス

関連ページ

サービスの種類
各サービスのメリット・デメリット。それぞれの特徴を知って試合を組み立てよう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
卓球最新ニュース 卓球上達教材 基本技術の打ち方 お問い合わせ