あなたは勝つ卓球スタイル?それとも負けない卓球スタイル?

あなたは勝つ卓球スタイル?それとも負けない卓球スタイル?

あなたは勝つ卓球スタイル?それとも負けない卓球スタイル?

あなたは勝つ卓球スタイル?それとも負けない卓球スタイル?

今日は自分の卓球スタイルが「勝つ卓球」なのか、それとも「負けない卓球」なのか考えてみましょう。

 

「勝つ卓球」スタイルとは

勝つ卓球というのは、自分なりも解釈ですが、パワータイプといいますかスマッシュを多用して打ち抜く、オールフォアでパワードライブを打つ、決定打の一発がとても速い、といったような相手を圧倒するようなスタイルの事です。

 

「負けない卓球」スタイルとは

これは、とても堅実なタイプで、ループドライブを多用する、球はゆっくりだけどミスをしない、回転量で攻める、といったように、ミスをせず相手がミスをするまでゆっくり攻めていくスタイルの事です。

 

勝つ卓球スタイルのプロ選手

 

基本的にはプロ選手というのは、ほとんどが勝つ卓球スタイルのような気がします。中国選手はすべてといってもいいくらいこのスタイルでしょう。馬龍選手は勝つ卓球の典型ですね。すべての技術において相手を圧倒します。張継科、許シン、馬琳、陳キなど、現役選手も昔の選手もパワフルな選手が多いです。日本では、大島選手がパワフル卓球の見本ですね。

 

負けない卓球スタイルのプロ選手

 

プロ選手の中でこのスタイルといったら、強烈なループドライブでチャンスメイクをするティモボル選手、安定性抜群のサムソノフ選手でしょうか。両選手ともプロ選手の中では球速は落ちますがほとんどミスをしません。個人的には、負けない卓球スタイルの教科書ともいえる選手はシンガポールのガオニン選手です。いぶし銀という言葉が一番似合います。この選手も球は遅めですがほんとにミスをしません。コンパクトなスイングでしっかり台におさめる卓球が私は大好きです。デメリットとしては、打ち抜く球がない分カットマンに弱い傾向がある気がします。

 

どちらが正解ということはありません。けっこう性格が左右するような気がしますが、今の卓球スタイルがなんか違うな・・と感じていたらスタイルを変えてみるのもいいかもしれませんよ。

 

いぶし銀・ガオニン選手のベストショット動画

 

あなたにおすすめ!絶対うまくなる卓球上達教材

フォアハンドを上達させたいなら→天才・坂本竜介コーチのフォアハンド上達法

バックハンドを上達させたいなら→天才・坂本竜介コーチのバックハンド上達法

中国卓球をマスターしたいなら→中国式現代卓球講座

ジュニア選手を強化させたいなら→卓球ジュニア選手を強くするための教科書!

関連ページ

無意味な練習は即中止、試合で勝つための練習をしよう!
練習のための練習を繰り返している選手がいます。そんな選手の努力は素晴らしいですが、勝つことに直結していません。試合で勝つためには何をしたらいいのか一度考えてみましょう。
現代卓球に必要な戦術思考
11本制に最適な戦術の組み立て方、考え方を身につけよう!
試合で勝つための戦い方とそうでない戦い方の決定的な違いとは・・・
いくら一生懸命練習していても試合で勝つことができない選手がいます。それは戦い方が間違っている可能性があります。試合で勝つための“10の技術”!

ホーム RSS購読 サイトマップ
卓球上達教材 基本技術の打ち方 卓球ケガの予防法 個別指導講座 お問い合わせ