正しいフォアハンドの打ち方、強くなる練習メニュー

卓球のフォアハンドのコツと練習方法

卓球のフォアハンドのコツと練習方法

フォアハンドをマスターすることが勝利への大前提条件!

 

目次
初級者はまずここから!フォアハンドロングの打ち方
┗フォアハンドの基本姿勢
┗フォアハンドの打球方法
┗フォアハンドの打球点

 

 

フォアハンドとは、自分の利き手側で打球することをいいます。両ハンド攻撃が主流になっている現代卓球においても重要な技術の一つです。

 

世界最強を誇る中国選手は、すべての技術レベルが高いです。バックハンド技術も回転量・スピード・コース、何一つ欠点がないように思えます。しかし、そんな中国選手ですら、必ず得点をしなくてはならない決定的な状況であればフォアハンドを使います。

 

その理由は、フォアハンドのほうがパワフルな球を打つことができるからです。

 

様々な観点からもフォアハンドのメリットは大きいです。人間の筋肉や骨格上の理由からも、バックハンドよりもフォアハンドのほうが威力のある球を打つことができます。

 

また、卓球を新しく始められた方や部活動で卓球部に所属することになった学生の方には、まず卓球を楽しく感じてもらわなくてはなりません。そのためにもフォアハンド技術をぜひ覚えていただきたいです。

 

さきにも言ったように、フォアハンドは力強いスマッシュを打つことができます。相手コートにスマッシュを打ち込んで得点を取った時の爽快感をぜひ感じていただきたい。

 

また、スマッシュに限らず、ドライブやカットにおいても、最も力強い打球を作り出すことができるのが、このフォアハンドです。

 

フォアハンドでの打法として、最も基本的な技術は、上回転のかかったフォアハンドロングです。フォアハンド技術の他の打法としては、球に回転を与えずに思いっきり打球するフォアハンドスマッシュ、強烈な上回転をかけて返球するフォアハンドドライブ、逆に、卓球台から少し離れて下回転をかけるフォアハンドカットなどがあります。

 

あなたがどの戦型であっても、試合で勝つためにはフォアハンド技術を上達させなくてはいけません。フォアハンドが下手でプロで活躍している選手は一人もいません。

 

フォアハンドなくして勝利なし!!

 

 


初級者はまずここから!フォアハンドロングの打ち方

はじめにとてもきれいなフォームのフォアハンドロングを打つ石川選手の動画を見てみましょう。ラケットの位置が高くて、体の軸がぶれずに、体全体を使っているのがわかります。

 

 

基本姿勢

ここでは、右利きの場合で説明したいと思います。両足を肩幅より少し広いくらいに開いて、少しだけ左足を前に出し、両膝を軽く曲げます。上半身は少し前傾させて両肘を直角にして体側に軽く添えて構えます。

 

フリーハンド(ラケットを持たない手)は、力を入れずにぶらぶらさせているよりは、軽く握って構えるほうがよいと思います。私の場合は、フリーハンドは球との距離感を計るために使ったり、球に威力を増すために利用したりします。

 

また、初級者の方は台に近づきすぎてしまう傾向があるので、あまり近づきすぎず台から40cm〜50cm程度離れて構えたほうがいいです。

 

その理由は、台に近いと、ラケットに当てただけで相手コートに返ってしまうので、しっかりした体の使い方を覚えることができません。また、足を動かさないでも球に届いてしまうので、手打ちでパワーのない選手になってしまいます。

 

ですから、将来的にも足を動かして打つ状態にしておくことが重要です。

 

 

打球方法

打球時は、身体全体を右側にねじってバックスイングをとります。肘の角度は90度前後にして、あくまでも身体全体で打つことを心がけます。

 

また、強打がしたい時には、腕のスイングを大きくしたり、速くしたり、左足を踏み込んで打球したりして、球に威力を加えます。

 

フォアハンドロングに関しては、シェークハンドもペンホルダーも体の使い方やスイング方法に大きな違いはありません。同じように考えていただいて大丈夫です。

 

強いていえば、グリップの握り方が異なるので、前腕の使い方や指の使い方に違いが出てきます。

 

シェークハンドのグリップは、ラケットの面が手のひらと平行になって手首が自由に使えますが、フォアハンドロングを打つ時は、あまり手首を使いすぎないことがポイントです。

 

ペンホルダーのグリップでは、ラケットの打球面は手のひらに対して垂直になって、フォアハンドロングの時は自然と手首が固定された状態になります。したがって、ラケットの角度を安定させながら打つことができます。

 

 

打球点

打球点 

 

フォアハンドロングの打球点は、図のB〜C付近で打球するのがよいです。ただ、現代の卓球は非常にスピードやピッチが速いので、卓球を始めた段階からA〜B地点で打球できるようにしておくのがベストです。これは今後の実力の伸びしろにも影響してきますのでぜひ取り組んでください。A〜B地点で打つためには、あまりバックスイングをとらずに打つことが大事です。

 

連続して打球する(ピッチを速くする)

現代卓球についていれる選手に育てるには、速いピッチで、連続して打球できるようにならなくてはいけません。そのためには、フォロースルー(打球後のラケットの振り)は大きくせず、体の軸に近いところで両ハンドを振れるように、そしてすぐに次の動作に入れる素早さが要求されます。‘ピッチの速さ’は現代卓球の一つのキーワードです。

 

 

▼▼坂本竜介のフォアハンド上達法▼▼

フォアハンド上達教材

 

あなたにおすすめ!絶対うまくなる卓球上達教材

フォアハンドを上達させたいなら→天才・坂本竜介コーチのフォアハンド上達法

バックハンドを上達させたいなら→天才・坂本竜介コーチのバックハンド上達法

中国卓球をマスターしたいなら→中国式現代卓球講座

ジュニア選手を強化させたいなら→卓球ジュニア選手を強くするための教科書!

 

卓球のフォアハンドのコツと練習方法記事一覧

卓球のフォアハンドドライブの打ち方

目次フォアハンドドライブの基本┗腕や身体の使い方4種類のフォアハンドドライブの打ち方ドライブとは、球を意図的に上回転を与えることによって、ボールが弧を描いて沈み込む原理を利用して、相手コートに打ち込む打法です。現代卓球では、このフォアハンドドライブの技術がスマッシュ技術よりも進化しています。フォアハ...

≫続きを読む

 

フォアハンドが上達しなくて悩んでいる方へ〜2つの打ち方のコツ〜

私は卓球には大きく分けて二つの打ち方があると思っています。それは「飛ばす打ち方」と「引く打ち方」です。これはどういうことかというと、例えば遠くに狙う的があって、そこの中心をめがけて行うスポーツがあります。アーチェリーや弓道、ダーツなどです。遠くの的に狙いを定めて矢を「飛ばす」。これらのスポーツはなか...

≫続きを読む

 

安定したループドライブを覚えると試合で勝ちやすくなる!

ループドライブというのは、最も上回転をかけることができる攻撃技術のひとつです。ちなみに最も下回転がかかっている技術はなんでしょう?下回転サービス?ツッツキ?惜しいです。答えは「カット」です。カットマンが相手のドライブを拾うときに使用する技術ですね。下回転サービスやツッツキはループドライブをかければ相...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
卓球上達教材 基本技術の打ち方 卓球ケガの予防法 個別指導講座 お問い合わせ