サービスのやり方、練習メニューをアドバイス

卓球のサービスのコツと練習方法

卓球のサービスのコツと練習方法

サービスは第一球目攻撃だ!

サービスは第一球目攻撃だと認識することが大切です。

 

 

「サービスで点数を取るんだ」、「サービスが上手な選手が一番強いんだ」という強い意気込みを持ちながら、練習しなくてはサービス力は向上しないでしょう。

 

 

実際サービス力がなければ試合で勝ちあがることが難しいです。不可能ではないけど、人よりもラリーに強くなくてはならないし、体力もなくてはならない。

 

 

サービス力があれば、サービスエースを取れるし、相手にプレッシャーも与えることができる。サービス力はあるに越したことはないのです。

 

 

ただ、サービスで点数を取るという意識を持つ、と同時に、「3球目攻撃をする」、「ラリーの主導権を握る」といった攻撃意識を高く持つことを忘れてはいけません。

 

サービスのルール

サービスを出す上で必ず守らなくてはならないルールをお伝えします。

 

オープンハンドサービスであること。

 

1)ラケットを持っていないほうの手のひらの上にボールを乗せて、静止した状態から打球するまでの間は、ボールは台の表面より上で、エンドラインより後ろにあること。台の中で打球してはいけない。ラケットの構える位置は自由です。
2)ボールの上昇過程ではなく、落下時に打球すること。
3)ボールとラケットが当たる瞬間にボールが手や身体で隠れていないこと。

 

サービスの種類

サービスの種類は無限にあります。打ち方や回転量など人それぞれ異なります。ですが、大きく分けて回転の方向は次のうちになります。

 

回転の方向
  • 上回転(トップスピン)
  • 下回転(バックスピン)
  • 右・左回転(サイドスピン)
  • 無回転(ナックル)

 

サービスの長さ

サービスはいずれかの長さに分けられます。

  • ロングサービス
  • ショートサービス
  • ハーフロングサービス

 

ハーフロングサービスというのは、台上で2バウンドするか、ギリギリ台から出るかの長さのサービスの事です。

 

サービスのコース

コースは大きく分けて3つのコース。

  • フォアコース(長い・短い)
  • バックコース(長い・短い)
  • ミドルコース(長い・短い)

 

サービスの質というのは、回転量、速度、コースをどう組み合わせるかでサービス力が決まります。また、バウンドが低いということも非常に重要な要素です。

 

 

また、このほかに「タイミングの変化」、「サービス位置の変化」も混ぜると、効果がさらに大きくなります。

 

サービスの回転をかける方法

サービスの回転がかからなくて悩んでいる人はとても多いですね。私の知り合いでも、卓球を20年くらい続けているのですが、今だに回転のかけ方がわからないと嘆いています(笑)。ここでは私なりのサービス練習法を3つご紹介したいと思います。

 

球遊びで感覚を養う。

いつも皆さんはクラブや部活でサービス練習をしていると思いますが、卓球台を使って一生懸命練習をしていると思います。もちろんその練習法で何も間違いではないのですが、まったく回転のかけ方がわからない人の場合は、それよりも効果的な方法があります。それは「球遊び」です。

 

 

球遊びというのは、一人でできるものなのですが、ラケットを球に当ててポンポン突いたり、回転をかけて遊ぶ練習方法のことです。

 

 

初心者の場合は、実はこの球遊びがとても大切なんですね。卓球は感覚のスポーツですから、「この回転でラケットに当たったらこっちに飛ぶんだな」とか「それならラケット面をこうやって傾ければいいんだ」とか、そのような球感覚をこの一人遊びで覚えることが大事です。

 

 

参考になる動画をご紹介します。この動画では、しっかりと回転をかけれていることがわかりますね。ポイントは、ラケットが当たった瞬間に「ポコン」といった音ではなくて「クッ」というようなしっかりラバーに食い込んだ音がしたら、回転がかかっている証拠です。

 

 

そして球が真上に飛ぶようにしてください。これが前にポーンと飛んでしまうようなら、回転がかかっていない+回転のコントロールができていないということです。まずはこの感覚を養ってください。

 

 

「ポイント」
・音に注意する
・球を真上に飛ばす。

 

球の前面をこする。

前述したのですが、球に回転をかけることが苦手な人というのは、球がラケットに当たった瞬間に、ポコンという音がしていることが多いです。これでは回転がかからないまま相手コートに飛んで行ってしまいます。これを改善するポイントをお伝えします。

 

 

左の図をご覧いただきたいのですが、回転がかからない人のラケット進行方向は、ボールの後ろ、もしくは真下をこすっています。真下をこするのは間違いではないのですが、感覚が養われていないうちは回転をかけることが難しいです。

 

サービスのやり方 

 

回転をかけれるようになるには、右の図のように球の前面をこするようにすると回転がかかります。実際には完全に球の前面にラケットを当てることは難しいので、やや斜めになります。ただイメージとして球の前面をこするようにするとベストです。

 

 

上から下へ落下する球のベクトル(速度・力)に対して、下から上に移動させるラケットで衝突させたほうが、より強い摩擦が生まれるんですね。

 

 

ですから、球遊びをしながら球の前面をこすりあげて真上に上がるようになったら、回転をかけられているということです。

 

ロングサービスから練習してみる。

これも回転をかけることができる効果的な練習法です。おそらく卓球を始めたばかりの中学生などで部活の練習でサービス練習をしましょう、というときにまずやることは下回転をかける練習だと思うんですね。

 

 

それはもちろんいいのですが、みんな短いサービスを出そうとするんですね。ここが少し間違いです。回転をかけられない内に短いサービスを出そうとすると、台から出ないように出ないようにと、どうしてもラケット速度が落ちます。すると、回転量も落ちてしまいます。

 

 

これではいくらやっても回転をかけることができないし、かけられてとしても時間がかかってしまいます。ですから、思いきってロングサービスを出すことから始めてください。

 

 

台から出ても問題ありません。回転をかけることだけ考えてください。そうするとラケット速度が自然と上がるはずです。ラケット速度が上がれば摩擦を強くすることができます。

 

 

ロングサービスで回転をかけるコツが習得できれば、その回転量で短いサービスを出すことはそれほど難しいことではありません。ラケット面の傾斜を少し変えるだけで可能になります。まずはロングサービスで下回転、横回転、横下、横上など、いろいろな回転を試してみてください。

 

 

余談ですが、回転のかかったロングサービスは相手にとってとても取りにくいですから、そのままサービスエースをとることも可能ですよ!

 

あなたにおすすめ!絶対うまくなる卓球上達教材

フォアハンドを上達させたいなら→天才・坂本竜介コーチのフォアハンド上達法
バックハンドを上達させたいなら→天才・坂本竜介コーチのバックハンド上達法
中国卓球をマスターしたいなら→中国式現代卓球講座
ジュニア選手を強化させたいなら→卓球ジュニア選手を強くするための教科書!

卓球のサービスのコツと練習方法記事一覧

サービスの種類を増やしてサービスエースをねらえ!

目次ショートサービスの出し方ロングサービスの出し方横回転サービスとYGサービスの出し方しゃがみこみサービスの出し方王子サービスの出し方ショートサービス相手コートのネット際に2バウンドするように出すサービス。一般的には、このショートサービスを基本にして、試合を進めていく選手が大半です。なぜなら、サービ...

≫続きを読む

 

卓球のサービス時のグリップ

ペンホルダーもシェークハンドもグリップを変えることで回転量や回転の質を変えることができます。というのも、特にシェークハンドは、フォアハンドやバックハンドを打つ時のグリップのままサービスを出すと、グリップが効きづらく回転もかけづらくなってしまいます。シェークハンドのグリップは手首を効きやすくする一般的...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
卓球上達教材 基本技術の打ち方 卓球ケガの予防法 個別指導講座 お問い合わせ