試合で勝ちやすくなるための3つの戦術

試合で勝ちやすくなるための3つの戦術

試合で勝ちやすくなるための3つの戦術

試合で勝ちやすくなるための3つの戦術

卓球の3つの戦術

 

部活動やクラブの練習で、よくあるのが「練習では強いけど、試合になると勝てない選手」というのは卓球界ではあるあるですね。

 

 

あなたのまわりの選手にもきっといるはずです。「あいつ強いのに団体戦使えねーなー」みたいな(笑)。当人からしたらけっして笑い事ではないのですが、なぜか試合になると本来の実力が発揮できない選手がいます。

 

 

練習では強いということはポテンシャルは持っているということ。練習でも強くなければそれは実力不足。戦い方や考え方を変えればその選手は変わる可能性があるということです。

 

 

そこで今日は試合で勝ちやすくなる戦い方のポイント3つお伝えします。

 

1、 低く深く返球しろ!

これは普段からやっていなくてはならないことなのですが、基本的に球の弧線は低く、そして相手コートの深くに打球することが大切です。そうすれば次の球が甘く返ってきやすくなります。これが球の弧線が高かったり、浅く入ってしまうと、カウンターやスマッシュされてしまい、反撃にあってしまいます。ツッツキもドライブもブロックも、低く深くを狙って練習し試合で実践してみてください。

 

2、 ミドルコースを活用しろ!

体の近く、つまりミドルコースというのはとても返球しづらいです。これは体の構造上どうしようもないことです。ですから、卓球競技に限らず、ほとんどのラケットスポーツは体の近くにある球というのは扱いづらいはずです。

 

 

特にシェークハンドの選手はミドルコースが打ちづらいと思います。それを理解しているからトップ選手はミドルコースの対処をすごく練習しているんですね。逆に考えてみれば、練習することでしか改善することはできないんです。

 

 

ですから、練習をあまりしていない選手や実力がない選手にミドルコースが効果的なのは当然。もちろんそのままミスにつながることは少ないですが、甘い球・単調な球が返ってくるはずです。

 

3、 相手から遠いところへ打て!

3つめの基本的な戦い方は、相手から遠いところ・いないところへ打つことです。相手が球に届かないところへ打てばそのまま得点になりますよね。でも、相手の手の届くところへ打てば返球される確率は上がります。また、手の届きにくい遠いところへ打てば十分な体勢で打つことはできないので強打されることは少なくなります。

 

 

例えば相手が回り込んできたら、大きくフォア側へ飛ばすとか、フォア側へ飛びついたら次はバック前に落としてみるとか、相手よりも遠く遠くへ球を返球すると、チャンスが生まれてきます。

 

 

以上3つのポイントを押さえるととても試合で戦いやすくなります。ただ、どれも練習で実践しないと試合ではなかなか出せないものです。反復練習で体に染み込ませましょう。

 

 

あと、ふと思い出したのですが、もし戦術に関してもっと詳しく理論的に理解したいという方はこんな本がおすすめです。

 

 

 

 

「スポーツ戦術入門」という本なのですが、戦術に関する本はスポーツ別にはたくさんあると思いますが、学術的・理論的に記述されている本はなかなかないのでとても貴重です。それにめちゃくちゃ勉強になります。卓球に生かせることももちろんたくさんあるのでぜひ戦術をもっと詳しく理解したい方はぜひ読んでみてください。


関連ページ

無意味な練習は即中止、試合で勝つための練習をしよう!
練習のための練習を繰り返している選手がいます。そんな選手の努力は素晴らしいですが、勝つことに直結していません。試合で勝つためには何をしたらいいのか一度考えてみましょう。
現代卓球に必要な戦術思考
11本制に最適な戦術の組み立て方、考え方を身につけよう!
試合で勝つための戦い方とそうでない戦い方の決定的な違いとは・・・
いくら一生懸命練習していても試合で勝つことができない選手がいます。それは戦い方が間違っている可能性があります。試合で勝つための“10の技術”!
あなたは勝つ卓球スタイル?それとも負けない卓球スタイル?
卓球にはいろんなタイプがいます。大きく分けて「勝つ卓球」なのか、それとも「負けない卓球」なのか考えてみましょう。
卓球は前陣で戦うのがベストなのか?
卓球は前陣で戦うべきというのはホントなのか?

ホーム RSS購読 サイトマップ
卓球上達教材 基本技術の打ち方 卓球ケガの予防法 個別指導講座 お問い合わせ